撮影旅行

夏休み四国旅行5

部屋からの夜明け風景。
f0302208_02000983.jpg
朝食も部屋飯。
f0302208_02001066.jpg
朝から贅沢な時間です。

さ、今日のメインは「しまなみ海道」と「松山城」、夕方に東京へ帰ります。

まずは、「しまなみ海道」へ

道後温泉から瀬戸内海側の今治街道、一般道で向かいます。

工場地帯を通る感じで、風景を楽しむという道路ではありません。

来島海峡展望館につきました。
f0302208_02024120.jpg
世界初の三連つり橋である雄大な「来島海峡大橋」、

多島海景の自然美が一望できます。

西瀬戸自動車道路、通称「しまなみ海道」を通って大島へ。

来島海峡大橋を通って島に渡る感じです。

「亀老山展望公園」へ。

標高307.8mの亀老山展望公園は、大島の南端に位置し、

瀬戸内海国立公園に指定されています。

パノラマ展望台ブリッジからは、「来島海峡大橋」と日本三大急潮のひとつ「来島海峡」の潮流、

晴れた日には西日本最高峰「石鎚山」を眺める事ができます。
f0302208_02024276.jpg
夕景とかすごい風景が撮れそうだな。

亀老山売店で藻塩ジェラート
f0302208_02024206.jpg
塩分補給です。

ふたたび、「来島海峡大橋」を渡り、内陸を走る国道317号で松山に戻ります。

道後温泉に帰ってきました。

ここから伊予鉄道の路面電車に乗って「松山城」へ向かいます。
f0302208_10163120.jpg
「大街道」で下車、「松山城」へは、ロープウェイで行きます。

約6分で山の上に着きました。
f0302208_02084570.jpg
松山城は、松山市の中心部、勝山(標高132m)にあり、賤ヶ岳の合戦で有名な七本槍の1人、

加藤嘉明が築き始めたお城だそうです。

門・櫓・塀を多数備え、狭間や石落とし、高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に優れた連立式天守を構えた城です。
f0302208_02024439.jpg
松山城は、日本で12か所しか残っていない「現存12天守」のうちのひとつだそうです。

本丸広場を通って、松山城天主へ。

子天主から天主を望む。
f0302208_02024486.jpg
天守からの眺めは、素晴らしいです。
f0302208_02073663.jpg
瀬戸内海側も望める。
f0302208_10174390.jpg
松山城から城山公園を抜けて、愛知県庁前を通って、松山大街道商店街へ。
f0302208_02073757.jpg
松山大街道商店街、大きなアーケードの商店街です。

観光スポットにも挙がっていましたが、あまり見るものは無い感じです。

結構歩いた疲れた。

by TOS1963 | 2018-08-28 07:00 | 撮影旅行 | Comments(0)

撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31