機材メモ

VIERA TH-49EX750 レビュー

十数年振りのテレビ買い替えです。
使っていたパナソニックのテレビの残像がひどくなって来たので、
4Kテレビへ。
コストパフォーマンスでパナソニックのビエラに決定。
「VIERA TH-49EX750」
f0302208_23050414.jpg
49インチ。
幅110cm、高さ60cm、奥行き35cm(テレビスタンド付き)
これまでが41インチだったので、やはり十分大きく感じます。そして薄い。

[4K解像度]
フルハイビジョンに比べて4倍の解像度がある「4K」細かい部分も潰れることなく精細に表示するので、
臨場感や奥行き感、美しい色合いの映像を楽しめます。
テレビ番組では4Kが無いので、YouTubeの4K動画を見てみます。
美しい、そして繊細です。

[ヘキサクロマドライブ]
広い色域を持つ4K映像本来の色を描き出すビエラ独自のテクノロジー「ヘキサクロマドライブ」。
淡い薄暮、艶感のある活き活きとした人の肌も再現するなど、忠実に色を再現し、
色を参照する補正ポイントを従来比 約7倍に増やすことで、色の忠実性を約3倍に高められているとのこと。
正直、従来のテレビとは比べ物にならないので、その効果がどうなのか良く分かりません。

[LED IPSパネル]
高輝度・広色域でくっきりと鮮やかな映像を表現できる「IPSパネル」が搭載されていて、上下左右178度の広い視野角で、
斜めから見ても明るく鮮やかな映像を楽しめます。
リビングで見るには、効果が大きいかもしれません。

[バックライトエリア制御]
LEDバックライトの明るさをエリアごとに細かく調整することで、
映像の明暗差をリアリティ豊かに再現できるようになっているとのこと。
部屋の明るさに関係していると思うのですが、
設定を少し上げると、とても見やすくなりました。

[4Kファインリマスターエンジン]
現在の放送やビデオ映像も4K解像度にアップされます。
4Kでない普通のテレビ番組もとっても見やすくなりました。

[倍速駆動]
1秒60コマの映像ではコマとコマの間に新しいコマを生成して120コマにすることで、
なめらかな動きを表現する「倍速駆動」が搭載されてい ます。
サッカーの試合を見ましたが、十分なめらかな映像だと思いました。

[4Kビデオ・オンデマンドサービス(VOD)]
VODサービスを簡単に利用できます。
「Amazonビデオ」が利用できるので、ボタンへ登録。
ボタン押すだけで、「Amazonビデオ」が表示されます。
おまけに早い、「AmazonTV」よりずっと便利です。
「YouTube」が見れるので、投稿された4K動画を見ることもできます。

[SDメモリーカード/USBメモリー対応]
SDカードに入れた4K動画も簡単に再生できます。
4K動画や静止画を手軽に再生して楽しめる「4Kメディアプレーヤー」が搭載されています。
自分で撮った写真も大型テレビで鑑賞できます。

「USBハードディスク録画]
2つの裏番組を録画できます。デジタル3チューナー搭載で、
番組を見ながら2つの裏番組をUSBハードディスクへ同時に録画ができます。
f0302208_23075165.jpg
早速、バッファローの3T容量の外付けハードディスク「HD-NRLC3.0-B」を購入して、繋ぎました。
テレビの番組表から簡単に録画予約でき、300時間の録画が可能になりました。
テレビだけで簡単に使えて、ハードディスクレコーダーも不要で、
コスパも良いと感じます。

[ダイナミックサウンドシステム]
最大出力30Wの高出力アンプと大容量になったスピーカーボックスにより、
力強い音を実現した「ダイナミックサウンドシステム」が搭載されています。
大容量スピーカーボックスは剛性を高め、音の歪みを抑えることで豊かな低音を再生。
映画や音楽映像など、とっても迫力あるサウンドにすることが出来ます。
進化しているなと感じました。

前のテレビから十数年、テレビはとっても進化していました。


[PR]
by TOS1963 | 2017-12-10 17:00 | 機材メモ | Comments(0)

撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31