機材メモ

OLYMPUS OM-D E-M1 開封の儀

OLYMPUS OM-D E-M1 開封の儀です。
発売から8ヶ月、値段も落ち着いて来たので、
1年半使ったE-M5を下取りにして。。。

開封。
f0302208_2101426.jpg



やっぱりこの時間は喜びの時ですね。
f0302208_2115590.jpg


ずっしりと重いです。

逆にこの重みがカメラを持つ喜びを味わえる感じです。
f0302208_2123626.jpg


色はブラックのみです。

レンズがほとんどシルバーなのですが、

ま、気にしない気にしない。

E-M5よりも一回り大きく、とっても持ちやすいです。
重くなったといっても5D MarkⅢよりはるかに軽いです。

まずはセッティング。
E-M5とほとんど同じなので、使い慣れたセッティングをそのまま使えます。
プラス機能割り当てられるボタン類が増えたので、より便利に出来ます。

E-M1への期待、
新開発の画像処理エンジン「TruePic Ⅶ」と「新16M Live MOSセンサー」。
ローパスレスでどんな絵が撮れるか楽しみです。

E-M5でも私が使うレベルだと特に問題なかったAFですが、
「81点のコントラストAF」と「37点像面位相差AF」
どのぐらいレベルが上がったのか楽しみです。

ミラーレスの利便性を最も得れるEVF。
フルサイズ一眼レフに匹敵する1.48倍(35mm判換算 0.74倍)の超大画面、236万ドットの超高精細電子ビューファインダーを内蔵。
技術は進歩しますね。

Wi-Fiを内蔵
すぐにLineで報告出来ますね。

1/8000秒高速メカニカルシャッター&ISO LOW(100相当)
実はこれが大きい、E-M5の1/4000だと明るいレンズを開放で使うと白飛びしていました。
NDフィルター付けたりして面倒でした。

露出補正範囲±5EV
E-M5の±3EVより充実して星撮りとかで便利かも。


インターバル撮影機能を搭載。
撮影枚数と間隔(1秒~24時間)を設定でき、最大100秒(999枚撮影時)のタイムラプス動画を作れます。
E-M5同様、働いてもらいます。

MFでの「フォーカスピーキング」
これまで無頓着でしたが、使う機会が増えそうです。

他にもワンプッシュデジタルテレコンやHDR撮影モードとHDR-BKTなどより使いやすくなっているようです。追々試してみたいと思います。


充電が出来たところで、試し撮りに近所の公園へ。

多摩の台地が古多摩川により浸食されて残った、標高約80メートルの丘陵の公園です。

ムサシノキスゲというここでしか見れないものだそうです。

普段はほとんど人もいないのですが、

「キスゲフェスティバル」も開催され多くの人が訪ねて来ていました。

キスゲが咲いています。
f0302208_213353.jpg


AFも快適、EVFも見やすいです。

新緑の木を。
f0302208_2143851.jpg


逆光にもストレスなく撮れます。

青い空を。
f0302208_216032.jpg


E-M5を使ってきたので、全くストレスなく使えます。

自宅に帰り、試し撮りを続けます。

小物でボケを確認。
f0302208_2165578.jpg


ん~、自分的には快適。

OM-Dの機動力を活かした撮影に出かけたい。

三男の誕生日も、試し撮りの場。^_^;
f0302208_219031.jpg


いろいろ撮って、レビューしたいと思います。
[PR]
by TOS1963 | 2014-05-11 13:00 | 機材メモ | Comments(0)

撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31