撮影旅行

赤城山へ紅葉を求めて

三連休、紅葉情報と睨めっこして、

初めての場所となる「赤城山」を訪ねることにしました。

撮影のポイントは「覚満淵 (カクマンブチ)」という場所らしい。

明け方を狙って家を夜中に出ます。

さすがに夜中は、関越高速も空いています。

「前橋IC」から下道、「赤城山」への道は対向車線がある広い道路なので楽です。

4時過ぎに「覚満淵」に着きました。

強い風、寒。

天気予報では最低気温10℃だったのに5℃だ。

明け方はもっと寒くなりそう。

「覚満淵」は、駐車場からすぐ、木道の遊歩道を歩いていきます。

カメラマン一人も居ない。

強風ですがカメラセットして待ちます。寒っ。

少し空が明るくなって来ました。
f0302208_1285434.jpg
ポイントが何処だか分からない。

夜明け近く、何人かカメラマンが現れました。

夜が明けると、対岸の湿原の木々が現れました。
f0302208_1361339.jpg
赤黄の紅葉ではありませんが、美しいです。
f0302208_1383715.jpg
沼に光が入る前に、後ろの山に陽が。。。
f0302208_1385245.jpg
寒い。一旦車に戻ります。
f0302208_1414834.jpg
朝食にしよう。

いつもの「どん兵衛」暖まる~。

日も昇って沼にも光が入ってきたので、もう一度撮りに行きます。
f0302208_1442895.jpg
これがポイントの木ですね。
f0302208_145295.jpg
強い風に揺られたススキ。

冬の雰囲気です。
f0302208_1454634.jpg
草紅葉が美しい。
f0302208_1464739.jpg
車で1分「鳥居峠」へ移動。

「鳥居峠」から「覚満淵」と「大沼」が見えます。
f0302208_152237.jpg
沼が青々としています。

でも、紅葉が見えない。

まだ、早かったようです。

近くにある「小沼」を訪ねてみます。
f0302208_1533781.jpg
エメラルドの部分もあって美しい沼なのですが。。。

紅葉がない。

ちょっと散策。
f0302208_1554233.jpg
紅葉の葉が、とても傷んでいるようです。

やっぱり今年の猛暑のせいでしょうか。
f0302208_1581362.jpg
ここのススキも冬の感じ。
f0302208_1585642.jpg
ほとんど紅葉は撮るところが無さそうなのですが、

「大沼」を望む紅葉の写真があったので、

その写真の場所に行ってみます。
f0302208_211547.jpg
山を少し登ります。

結構急な登り。

ハイキング客がどんどん登って行きます。
f0302208_221235.jpg
紅葉が無い。

ま、しょうがないか。

帰ろう。

午前中で撤収。
f0302208_24193.jpg
赤城山総合観光案内所で、ソフトクリーム。

激寒。

家路へ。。。
[PR]
Commented by jem_7v at 2013-10-20 14:25 x
寒くてもソフトをはずさないあたり、サスガです( ̄▽ ̄)
Commented by たかてん at 2013-10-20 14:53 x
ブログ開設おめでとうございます!
ワタシは既に3週間くらい書いていません・・・(*_*;
毎日期待しております(笑)

ソフトクリームをファンタジックフォーカスで、サスガです( ̄▽ ̄)
Commented by TOS at 2013-10-20 19:17 x
jem_7vさん コメントありがとうございます。
ブログ、どう使えばいいのかよくわかりません。^_^;
ソフトクリームみんな食べてるのを見て、つい。
Commented by TOS at 2013-10-20 19:18 x
たかてんさん コメントありがとうございます。
私も多分。。。
ま、気にしない気にしない。(^.^)
Commented by kokohinapapa at 2013-10-20 19:44
そんな事いわないで是非続けてくださいね〜。
それにしてもどんべぇ〜、美味そうだな〜。 風景楽しそうだな〜。
リンク頂いて帰りますね〜♪
Commented by TOS at 2013-10-20 20:03 x
kokohinapapaさん、ありがとうございます。^_^ ちょっと頑張ってみます。使い方よくわかりませんが。。。(^^;;
by TOS1963 | 2013-10-13 04:00 | 撮影旅行 | Comments(6)

撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31