撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:高ボッチ ( 5 ) タグの人気記事

冬物語その2

「高ボッチ高原」へ到着。

富士山は、見えていません。
f0302208_14255803.jpg
雲に隠れてる。

夕景はダメそうです。

数台、車が停まってる。

連休だから混むかもしれません。

撮影ポイントの近く車を停めて、チビコさんとプチ宴会。

夜中、起きてみます。

ホワイトアウト、霧で山全体が覆われてる。

でも、この霧で霧氷に期待。

3時、お、星が見えてる。
f0302208_14270488.jpg
車脇からちょっと撮影。

寒っ。

4時前、みんな動き始めました。

私たちも撮影スポットへ。

ん〜、富士山は見えない。

霧が晴れて来た。
f0302208_14315227.jpg
富士山が見えて来ました。

夜明け前、色付いて来ました。
f0302208_14325143.jpg
ちょっと雲海になりそうな雲も流れて来ました。

ドラマチックな予感。

東の方から焼けた雲が流れて来た。
f0302208_14400126.jpg
どう撮るか戸惑いながらも、シャッターを押し続けます。

明るくなって来ると手前のススキが霧氷して居るのが見えて来ました。

絡めて撮らなきゃ。
f0302208_14413460.jpg
素晴らしい冬の風景です。

太陽が昇りました
f0302208_14431206.jpg
カメラに霜が。。。

高ボッチの周りの山々もドラマチックな風景が展開してます。
f0302208_14491451.jpg
霧氷の世界が広がってる。
f0302208_14500309.jpg
駐車場から歩いて霧氷を撮りに行きます。
f0302208_14505948.jpg
美しいです。
f0302208_14512901.jpg
逆光でキラキラが。。。

なんて撮るのが楽しいことか。

駐車場に戻って、朝食を取ることに。
f0302208_14532261.jpg
やっぱり寒い。

さすがに「どん兵衛」連続はやめにしました。
f0302208_14540331.jpg
体、あったまる。

撮影も満足して、至福の時かも。

車に結晶が。
f0302208_14564214.jpg
チビコさんとは、ここで解散して自宅へ帰ります。


[PR]
by TOS1963 | 2016-12-23 15:00 | 撮影旅行 | Comments(0)

冬の富士を求めて 2

チビコさんと、「山中湖」から「高ボッチ高原」へ移動してきました。

「高ボッチ高原」の撮影ポイントは何箇所かあります。

夕景、星景、夜明けのシーンをどこで狙おうか。

最近、「高ボッチ」の人気が出て、カメラマンも多いと聞きます。

夕景から夜明けまで一ヶ所で陣取ることにしました。

大切なのが、車から近い場所。

だって寒いですから。。。

早速、夕景のセッティング。
f0302208_11064673.jpg
カメラマンは居ません。

ん~、富士山は霞んでいる。

日没は17時前、少し焼けて来ました。
f0302208_11080262.jpg
やっぱり、霞んでるな~。

お、北岳も。
f0302208_11074703.jpg
魔の山の雰囲気が。

今度、もう少し近くで撮ってみたい。

富士山とは反対方向に日が沈んで行きます。
f0302208_11101505.jpg
「諏訪湖」の街の明かりが灯り始めました。
f0302208_11105159.jpg
雲も無くドラマチックにはなりませんでした。
f0302208_11114807.jpg
結構冷え込んで来ました。

さ、早いですが夕飯にしましょう。
f0302208_11125733.jpg
とても外では食べられないので車の中で、宴会。
f0302208_11142648.jpg
カメラ談義をして盛り上がりました。

さ、明日に備えましょう。

私は、星景の微速度を仕掛けます。
f0302208_11150374.jpg
諏訪の夜景も美しい。

微速度を一時間ぐらいしました。

車の中で待機。

微速度を終えて、明日の朝まで寝ることにしました。

Zzz...


寒っ。
f0302208_11191831.jpg
夜中に寒くて目が覚めました。

マイナス6℃。。。

車を温めてから、もうひと眠り。

夜明けの撮影を4時からと考えていたのですが、

風もあって、寒過ぎで車から出れない。

狭い場所の撮影場所に、他のカメラマンも撮影を始めたので、

私たちも。
f0302208_11220344.jpg
5時過ぎて、少し明るくなって来ました。

おお、抜けが良くなってる。
f0302208_11240544.jpg
美しい~。

諏訪の街明かりとのコラボ、寒さを忘れます。

雲も出て来ました。
f0302208_11254518.jpg
なんて、ドラマチックなのでしょう。

雲が多くなって来ました。

「諏訪湖」が、そして「高ボッチ」が雲に覆われて来た。

お、松本方面が、焼けてる。
f0302208_12023646.jpg
素敵。

松本側の焼けを撮るために第2駐車場へ移動。
f0302208_12064037.jpg
イイ感じです。

さ、朝食。
f0302208_12082272.jpg
豚汁で温まって、

あれ、「そば」と「うどん」を間違えた。
f0302208_12083514.jpg
お、「高ボッチ」を覆った雲が。
f0302208_12075421.jpg
すばらしい、太陽が昇る方向がドラマチックに。

まるでアフリカの大地のよう。
f0302208_12060692.jpg
「高ボッチ高原」、いろいろな風景を見せてくれます。

太陽が。。。
f0302208_12080786.jpg
なんて幻想的なんでしょう。

雲、霧が「高ボッチ」を早いスピードで流れて行きます。

霧氷を撮りたいと思っていたのですが、道路封鎖で先には進めません。

第2駐車場から狙います。
f0302208_12050126.jpg
薄化粧している感じがイイ。

日が昇って来て、向うの山が見えてきました。
f0302208_12085875.jpg
霧氷が見える。

本当はもっと近づきたかったけど、大満足。

チビコさんとはここで解散。

自宅へ。

3連休初日の「山中湖」は、不発でしたが、「高ボッチ高原」は大満足となりました。

[PR]
by TOS1963 | 2016-01-09 15:30 | 撮影旅行 | Comments(0)

霧の高原

美ヶ原から高ボッチへ。

今回は、高原シリーズ。

高ボッチに着いたのは、午後3時過ぎ。

4時半、夕景を撮りに、高ボッチの山頂へ。

諏訪湖は見えますが、富士山は厚い雲の中です。
f0302208_11502311.jpg
山頂に、カメラマンが何人かやって来ました。

お、霧が。。。

ダメだな、これは。

下の方は、厚い雲に覆われているし、ネットで見ると山梨でも見えていないみたいだ。

撤収~。

駐車場に戻って来て、タブレットで映画見て時間をつぶします。

あ、空が焼けてる。
f0302208_11503386.jpg
凄い。

高ボッチの山頂へ行くか、いや富士山は見えないだろう。

山の天気は、良く分からない。

それにしても焼けが凄い。
f0302208_11504309.jpg
さ、夕飯にしますか。

ビールのおつまみは、サラダとコンビーフ。
f0302208_11505428.jpg
少し寝て、星撮りにチャレンジしようと思います。

Zzz...

あ、1時だ。

しまった、12時ぐらいに起きようと思ったのに。

おお、星が見えています。

微速度をセッティングします。

今回は、Canon EOS 7D MarkⅡと、LUMIX GX8 の2台でチャレンジ。

最近の機種は、インターバル撮影機能が必ず着いているので便利。

駐車場の車の脇に、三脚を2台セットしてスタート。

1時間もすると、濃い霧が山を覆ってきました。

残念、微速度中止。

カメラも三脚もびしょびしょ。

7D2の星景。
f0302208_11510335.jpg
ISO2500ですが、ノイズはやっぱり結構出ますね。

でも、GX8よりは良いかも。

GX8の星景
f0302208_11511688.jpg
露光時間が短い方がイイかと、ISO3200でセッティング。

E-M1がパナのセンサーで、長時間露光のノイズが問題になっていたので、

SS8秒ぐらいにしてみたのですが、

ダメみたい。

凄いノイズ。

夜明けに掛けますか、3時ぐらいに行こうかな。。。

3時、凄い霧。

4時、凄い霧。

5時、夜明け前30分、凄い霧。

無理だな、山頂へ行く気にならない。

5時30分、夜明けの時間、凄い霧。

諦めました。

ん、霧が赤みを帯びている。

おお、幻想的。
f0302208_11514536.jpg
霧の中に朝日が。

車から出て、撮影。

日の出とともに、周りの風景が見えて来ました。

草木と太陽を絡めて。
f0302208_11520891.jpg
なかなか、面白いかも。
f0302208_11515829.jpg
富士山は、ダメでしたが、良しとしよう。

明るくなって、霧も無くなって来ました。
f0302208_11523151.jpg
朝食タイム。

気温は10℃、結構寒い。

霧とスープ。
f0302208_11521953.jpg
撮影は残念でしたが、やっぱり高原の朝は気持ちイイ。
f0302208_11524113.jpg
駐車場の足元の花が、輝いている。
f0302208_11525399.jpg
さ、撤収するかな。

自宅へと向かいます。

岡谷ICから中央高速で。

諏訪湖サービスエリア。
f0302208_11530630.jpg
ちょっとお腹空いた。
f0302208_11531572.jpg
さ、家路へ。

上りの高速、何気に車が多かった。


<追伸>
微速度、無理やり作ってみました。





[PR]
by TOS1963 | 2015-09-21 15:00 | 撮影旅行 | Comments(0)

富士山冠雪記念 その2

八千穂高原から御射鹿池へ。

夕方になり、日没に間に合わないかも。

おっと、TAKATENさん凄いショートカットの道。

ナビの目的地まで10kmが3kmに変わった。(^^♪

日没に間に合いました。

風もなく映り込みが綺麗。
f0302208_12232165.jpg


このポイントが好きです。
f0302208_9462416.jpg


日没の時間帯、そして紅葉した風景、美しい。
f0302208_12235230.jpg


幻想的な雰囲気も感じます。

満足~。


明日の富士山は高ボッチで撮ることになり、

岡谷IC近くのファミレスでチビコさんと待ち合わせ。

夜もがっつり食べます。^_^;
f0302208_12251643.jpg


高ボッチに到着。

富士山は見え無さそう。

でも、星空が綺麗。

駐車場で星撮り。
f0302208_12262569.jpg


天の川かな。

折角の駐車場。

車と絡めてみよう。
f0302208_9465573.jpg


あ、誰か横切った。

面白いかも。
f0302208_9575618.jpg



さ、寝ましょう。

Zzzz.


3時起床。

高ボッチの頂上へ。

星が綺麗。
f0302208_1233322.jpg


富士山は見えていない。

ダメかな。

街明かりでも撮るか。
f0302208_1235496.jpg


お、富士山見えてるのでは。

周りのカメラマンたちもザワザワ。

来ました~。

富士山&雲海。
f0302208_12372158.jpg


夜明けの光と、どんどん広がる雲海。

素晴らしい。
f0302208_12381434.jpg


雄大な風景が広がります。
f0302208_12391086.jpg


夜明けの光が、富士を浮かび上がらせます。
f0302208_12405010.jpg


決して抜けがいい訳ではないですが、

雲海とのコラボレーションが幻想的です。
f0302208_12395135.jpg


集まったカメラマン。
f0302208_12412126.jpg


みんな満足だと思います。

大満足。

駐車場へ戻ります。

途中、朝日を浴びたススキが魅力的でした。
f0302208_12422891.jpg


山の稜線との組み合わせ。
f0302208_1243789.jpg


この場所での朝食が、本当においしい。
f0302208_12434473.jpg


二日目に富士山見れて、よかったよかった。


さ、家へ帰ろう。

TAKATENさん、チビコさんと、高ボッチで解散。

ススキの草原を後にします。
f0302208_9482866.jpg





高ボッチからの微速度。

[PR]
by TOS1963 | 2014-10-18 17:30 | 撮影旅行 | Comments(0)
梅雨の晴れ間を狙って「高ボッチ」へ。

チビコさんとプチオフ会。

「諏訪湖SA」で待ち合わせし、「高ボッチ」へ。

天気予報は晴れでしたが、「高ボッチ」は深い霧の中。

駐車場から歩いて「高ボッチ山頂」へ。

10分ぐらいなので楽。

まったく見えません。
f0302208_2054390.jpg
夜明けの時間になって周りは見えてきました。

肝心の富士は見えません。

結構ツツジが咲いている。
f0302208_20553612.jpg
霧が晴れると一瞬周りが開けます。

ツツジの丘だ。
f0302208_20562314.jpg
霧の中のツツジも美しい。
f0302208_20565644.jpg
富士は一旦諦めて駐車場へ戻ります。

松本方面がドラマチックに。
f0302208_20581322.jpg
素晴らしい風景を見ながら朝食。
f0302208_21542823.jpg
おっと、向うの山がドラマチック。
f0302208_21551560.jpg
すごい、高原の朝、目が離せない。
f0302208_215675.jpg
富士が見えるか、「高ボッチ山頂」へ行ってみます。

やっぱり見えません。

ツツジは良い具合に見えるのに。
f0302208_2158521.jpg
一旦駐車場で寝ることにします。

1時間半ほど寝て、9時。

霧は無くなってます。

富士山は見えるか。

見えた~、でも日は高くなって薄っすらとしてます。

でも、この季節に会えただけでも良しとしよう。
f0302208_2202589.jpg
劇的に変わる「高ボッチ」の朝。

楽しめた。

次の目的地は、「御射鹿池」です。
[PR]
by TOS1963 | 2014-06-14 03:00 | 撮影旅行 | Comments(0)