撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:開封の儀 ( 13 ) タグの人気記事

EOS 5D MarkⅣ 開封の儀

メインカメラの変更です。

EOS 5D MarkⅢ から EOS 5D Mark Ⅳ へ。

巷では、高価格から色々言われていますが、

やっぱり風景撮りのメインカメラとしては欲しかった。

中野で5D3をドナドナして、秋葉原へ。

自宅で開封の儀。
f0302208_14122710.jpg
 
f0302208_09341593.jpg

大きさはMarkⅢとほとんど変わりません。
f0302208_09341650.jpg

150.7mm × 116.4mm × 75.9mm

重さ 890g

MarkⅢより60g軽くなってます。
f0302208_09341843.jpg

操作系はほとんど変わりません。

20分で初期設定出来てしまいました。
f0302208_09341751.jpg

実際に使ってどう変わっているかですね。

早速、試し撮りに近所をお散歩。

ファーストショット。
f0302208_17272949.jpg
シャッター音が変わりました。

操作は、5D3から変わらず、何の問題もなく撮れます。
f0302208_17285460.jpg
帰宅してRAW現像してみたのですが、

正直、画素数のアップが目に見える形では分かりません。

ダイナミックレンジもよくなっているとのことですが、

これも色々なシーンで撮ってみないと分かりません。

ただ、手持ちでも軽快に撮ることができます。

心配だった高画素化によるブレもありません。
f0302208_17323079.jpg
風景は三脚でがっつり撮らないとまだまだ分からない感じです。

冬の寒さも和らいできたので、活動シーズンに向けて楽しみです。

[PR]
by TOS1963 | 2017-02-26 14:00 | 撮影メモ | Comments(4)
マイクロフォーサイズからXマウントに変更した時に、

フィッシュアイレンズがなくなりました。

時々スパイスとしてフィッシュアイで撮りたくなります。

ということで、SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE。

中野のフジヤカメラでゲットして、その足で新宿で試し撮り。

ということで、新宿で開封の儀。
f0302208_22285308.jpg
高層ビルの間での開封の儀。
f0302208_22292784.jpg
ちっちゃい。

早速、試し撮り。

ということで、やはり都庁広場。
f0302208_22304690.jpg
あいにくの曇り空です。

AFそれほど遅くないし、重くないし、快適。

西口前。
f0302208_22322806.jpg
解像度高く撮れてる感じが、撮っている段階でも分かります。

お昼ご飯を食べに、カレー屋さんへ。
f0302208_22341005.jpg
15cmまで寄れます。

面白い。

大寒波ということで、東京も寒かった。

試し撮りも早々に、帰宅。

家に着くと晴れ間が見えました。
f0302208_22361568.jpg
太陽にカメラを向けてもフレアやゴーストがほとんど出ない。

SIGMAの12-24mmF4.5-5.6の広角レンズは、ゴーストが激しかった。

このレンズは、それほど出ない感じです。

光芒も綺麗。
f0302208_22392981.jpg
当分お間、マーク3に常設になりそうです。


[PR]
by TOS1963 | 2017-01-14 10:30 | 機材メモ | Comments(0)

iMac Retina 5K がやって来た

我が家にiMACがやって来ました。
f0302208_03082405.jpg
開封の儀です。

デカイ。

購入したのは、ベーシックなタイプ。

3.2GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
Turbo Boost使用時最大3.6GHz8GB(4GB x 2)メモリ(オプションで最大32GBに変更可能)
1TBハードドライブ
AMD Radeon R9 M380(2GBビデオメモリ搭載)
5,120 x 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3ディスプレイ

メインは、写真の現像なので、十分なスペックかなと思いました。

メモリは追加しようと思います。

箱から取り出し、電源を入れます。

初期設定は簡単。
f0302208_03082546.jpg
いや〜、やっぱり5Kディスプレイに感動です。

ユーチューブで4K動画を見てみます。

素晴らしい。
f0302208_03082781.jpg
キーボードとマウス、充電式です。

シンプルで使いやすい。

キーボード入力も何ら問題なく使えます。

ただ、ファイル操作は、ちょっと戸惑います。

私の場合、パソコンは、写真現像がメインで使っているので、

写真現像の出来る環境を構築しようとセッティング作業を始めました。

Adobe Lightroom のマック版をインストール。

Canon Digital Photo Professional のマック版をインストール。

FUJIFILM の現像ソフト SILKYPIX RAW FILE CONVERTER EX2.0 マック版をインストール。

思ったより簡単にインストールできました。

写真データは、外付けハードディスクに入れてあります。

USBで繋げると、現像ソフトで読み込めました。

あれ、書き込みが出来ない。

初歩的なこと知らない、マックのフォーマットが必要なんだ。

ということで、外付けハードディスクのデータを一回本体にコピーして、

ハードディスクをフォーマットして、

本体からデータを戻しました。

結構時間が掛かった。

マック版の現像ソフトはインストール出来たのですが、

写真データを取り込む各メーカーのソフトのMac版がありませんでした。

データ取り込みは、ちょっと考えなければなりません。

外付けハードディスクのフォーマットも出来て、更新も可能になりました。

問題なく現像ソフトを使う環境はできました。

速度も問題があるわけではありませんが、

スピードをあげるためにメモリを増設しようと思います。

標準では、メモリは8Gなので、速攻ネットで注文。
f0302208_03082928.jpg
8GB × 2 で12000円。
f0302208_03082926.jpg
16GB 追加で 24GB になりました。

5Kモデルだけが、後からメモリを追加できるタイプです。

ついでに、4Kテレビというわけではないですが、

テレビチューナーを購入しました。
f0302208_03083065.jpg
iMACで簡単にテレビが観れます。
f0302208_03083109.jpg
30年近くパソコンを使ってきて、初めてのMAC。

iPhone と連携等でもとっても便利です。

当面、楽しい時間を過ごせそうです。
f0302208_03082858.jpg

[PR]
by TOS1963 | 2016-12-09 21:00 | 機材メモ | Comments(2)

FUJIFILM X-T2 開封の儀

本当は、もう少し値段が下がってからと考えていたのですが、

紅葉シーズンを前にして待てなかった。

ま、欲しい時が買い時ですから。。。

FUJIFILM X-T2 開封の儀。
f0302208_18162808.jpg
おお、やっぱり重厚感ありますね。
f0302208_18170299.jpg
テンション上がります。

質感は、X-T1とまったく変わりません。
f0302208_18174842.jpg
X-T1よりダイヤルが高くなっているのが、すぐに分かります。
f0302208_18184863.jpg
大きさは、T1よりちょっと大きく、

重くなっています。
f0302208_18194892.jpg
多少重いほうが、カメラの持つ喜びを感じて好きです。

なにせ、元が本当にコンパクトですから。

いつものように、カメラテストを裏山の雑木林で。
f0302208_19532912.jpg
一番の期待は、1630万画素から2430万画素にアップして、

解像感がどのくらい変わるのかだったのですが、

見た目には正直分からない感じです。

高画素化して、微ブレには注意が必要ですね。

甘い絵が何枚かありました。

もちろん慣れもあるでしょうが。
f0302208_19555852.jpg
空気感の捉えは、T1から更に向上しているようにも感じます。

ダイナミックレンジは、進化してるのだと思います。

ハイライトとシャドーが、T1より粘る感じなのでしょうか。

ホワイトバランスが、T1とは違うかもと思いました。

VELVIAが、落ち着いた感じがします。

操作性は、とってもイイです。

フォーカスを移動するジョイスティック、露出補正がフロントダイヤルで出来るようになったり、

そして何よりAFが早いです。

いろいろ試して行きたいと思います。

また、しばらく使ってからレビューしようと思います。


[PR]
by TOS1963 | 2016-10-01 15:30 | 機材メモ | Comments(2)

FUJIFILM X-T1 開封の儀

FUJIFILM X-T1購入。

サブカメラを、OLYMPUSからFUJIFILMへ入れ替え。

マイクロフォーサイズを手放し、3マウントだったのを、CanonとFUJIFILMの2マウントにしました。

メインは、Canon EOS 5D MarkⅢ

サブをFUJIFILMで統一です。

開封の儀です。
f0302208_20452176.jpg
f0302208_20462366.jpg
イイ質感ですね。

FUJIFILMにどんどんハマって行ってのX-T1購入です。

X-T10を使っているので、たぶん買い増しとしては普通とは逆パターンですね。

基本は、風景中心なので、描写の高いカメラが欲しくなります。

サブとして、そして微速度撮影用に2台ほしかった。

X-T2が、もうすぐ発表されるとのうわさもありますが、

発売からまだ2年だし、値段がだいぶ下がって来たので、X-T1にしました。

合わせて、XF10-24mmF4R OISも購入。
f0302208_20464355.jpg
f0302208_20470069.jpg
早速、自宅ベランダからファーストショット。
f0302208_20472968.jpg
試し撮りに、FUJIFILMのカメラだけを持って、近所の公園へ。

生憎の曇り空。
f0302208_16390588.jpg
さくらも大分散ってる。
f0302208_16391425.jpg
やっぱりイイ解像です。
f0302208_16395031.jpg
X-T1と10-24mmF4、きっちり写してくれます。

新緑だ。
f0302208_16393571.jpg
35mmF1.4で。

AFも悪く無いです。

新緑の森、気持ちイイ。
f0302208_16400066.jpg
花の季節。
f0302208_16401169.jpg
記念撮影。
f0302208_16402543.jpg
風景撮りに行きたい。

X-T1のレビューは、また改めてしたいと思います。




[PR]
by TOS1963 | 2016-04-09 13:00 | 機材メモ | Comments(2)

FUJIFILM X70 開封の儀

新しい仲間です。

FUJIFILM X70

開封の儀。
f0302208_17532076.jpg
f0302208_17533721.jpg
f0302208_17541378.jpg
小型・軽量ボディに焦点距離18.5mm(35mm判換算:28mm相当)・開放F値2.8 の新開発広角フジノンレンズを搭載。

快適なマニュアル操作での撮影が楽しめるプレミアムコンパクトデジタルカメラ。

最近、どんどんFUJIFILMの絵作りの良さにハマって行ってます。

これまで、コンデジは買いと手放しを繰り返して来ました。

RAW保存できない、高感度に弱い、等の理由を付けて。

結局、絵に満足出来ないからです。

ちょっと、カメラ買ってストレス解消的な部分はありました。

X70、APS-Cセンサー搭載、とっても魅力的です。

そしてFUJIFILM、買ってしまいました。

早速、いつもの試し撮り場所、近所の裏山へ。

やっぱり解像度はイイ。
f0302208_18002571.jpg
新芽に寄ってみます。
f0302208_18005393.jpg
結構寄れる。

自動でマクロモードになるみたい。

F2.8でも、寄ればボケてくれます。

新緑もイイ色で捉えてくれます。
f0302208_18020129.jpg
チルト液晶も便利。
f0302208_18033003.jpg
コンデジなのに、X-T10と同じ絵が撮れる。
f0302208_18064441.jpg
X-T10とダブってる感は、ありますが。。。

今日は、ほとんどマニュアルも見ていないので、単純試し撮りのみ。

X-T10を使っているので、何ら問題ありません。

また、改めてレビューしたいと思います。


[PR]
by TOS1963 | 2016-03-27 14:00 | 機材メモ | Comments(0)
FUJIFILM X-T10を使い始めて、

どうしてもレンズが欲しくなった。

XF35mm F1.4 R。

スナップ用にコスパのよいこのレンズ。

最近発売された35mm/F2.0と、どちらにしようか悩みましたが、

F1.4の明るさでこちらを選択。

F2.0は、AFも速そうだし、防塵防滴だけど、ちょっと特徴が無いように感じてしまった。

開封の儀。
f0302208_01151117.jpg
しっかり入っている。
f0302208_01154533.jpg
それほど高級感のあるレンズではありません。
f0302208_01160709.jpg
レンズフードの形が、ちょっと変わってる。
f0302208_01174558.jpg
X-T10に付けてみる。
f0302208_01181047.jpg
ちょうどよい大きさに。

手にもしっくり来ます。

とりあえず部屋の中のものを開放で。
f0302208_01192695.jpg
f0302208_01194390.jpg
ちょっと音するし、AF遅いけど、ピントは来ます。

ボケも自然な感じ。

明日、どこへ撮りに行こうかな。

[PR]
by TOS1963 | 2015-12-12 16:30 | 機材メモ | Comments(0)

FUJIFILM X-T10 開封の儀

FUJIFILM X-T10 開封の儀。

悩んでいたのだけど、X-T10を購入しました。

微速度撮影で使っているOLYMPUS O-MD E-M1の高感度の弱さを痛感していた。

記録用として使っていたLUMIX GM1をドナドナして、

X-T10をゲット。

微速度&スナップ&記録用に使おう。

無理やりな感。

開封の儀。
f0302208_19562697.jpg
XF18-55mm F2.8-4RLM OISのレンズセットです。

色はブラック。
f0302208_19574101.jpg
FUJIのX30を使っていたのですが(短命でしたが。。。)

大きさは同じぐらいか?

ずっしり感はX-T10の方があるかな。

設定や使い方は、X30を使っていたので問題なし。

絞り優先モードは、レンズ側での設定なんだ。

充電して、近所の雑木林へ試し撮りに。
f0302208_20010360.jpg
もちろん、紅葉するような場所ではありませんが、

ところどころ色付いたところがありました。

クモの巣が輝いている。

マニュアルでピント合わせて。
f0302208_20022543.jpg
何気に寄れる。

絞って撮ると。
f0302208_20025785.jpg
解像度も、格段凄いという訳ではないけど、落ち着いた感じで撮れてる。

少し甘いようにも感じるが、キットレンズだということもあるのかな。

でも、F2.8-F4というところは、イイと思っての購入です。

ドングリがあちこちに、季節ですね。
f0302208_20054098.jpg
空気感あるように感じるのだけど。
f0302208_20062118.jpg
モミジの大木、まだまだです。
f0302208_20073379.jpg
記念撮影しなきゃ。
f0302208_20080061.jpg
モノクロスナップで。
f0302208_20082518.jpg
試し撮りは、いつもこの裏山。
f0302208_20091821.jpg
現像は、LightLoomで。

フイルムシュミレーションを使うには、SILKYPIXを使わないと出来ません。

レビューは、しばらく使ってから書きたいと思います。

あぁ、レンズ欲しくなっちゃう。。。

追記。
フイルムシュミレーション、LightLoomでも使えました。


[PR]
by TOS1963 | 2015-11-01 13:00 | 機材メモ | Comments(0)
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを購入です。

マイクロフォーサイズは、OM-D E-M1とGM1の2台。

これまでレンズは、単焦点中心で、

8mmフィッシュアイ、12mmF2.0、25mmF1.8、45mmF1.8、45-150mm/F4.0-5.6。

最近出番のない、25mmF1.8をドナドナして、標準ズームを。

メイン機は、5D MarkIIIなので、サブ機としてE-M1を使って来て、

どうしても単焦点を交換する手間が面倒だったりします。

PROシリーズも使ってみたくての今回の購入です。

遊ぶためのカメラ購入への気持ちを必死に抑えた。。。^_^;


開封の儀。
f0302208_20170117.jpg
なんか箱が立派、PROシリーズだから?
f0302208_20174848.jpg
これまでのPREMIUMシリーズとは、違う質感ですね。

ズーム全域開放 F2.8の大口径レンズ。

ずっしりと重いです。
f0302208_20211920.jpg
OM-D E-M1に着けるとしっくりきます。

試し撮り。

本当の開封の儀は、カメラ屋さんの帰り道。^_^;
f0302208_20304498.jpg
F8まで絞ってスナップ。

雨で暗かったのですが、なかなかの解像度かな。

広角端12mmで。
f0302208_20322397.jpg
同じ場所から、望遠端40mmで。
f0302208_20340481.jpg
雨が降っていたのですが、防塵・防滴性能で安心。


瞬時にマニュアルフォーカスに切替が可能な「マニュアルフォーカスクラッチ機構」が付いてます。

12mmF2.0と同じ機能。

マニュアルに変えるのにとっても便利。

星撮りなんかで活躍します。


全焦点域で撮像面から20cmまでよれる、

最大撮影倍率0.6倍(35mm判換算)のマクロ性能。

何気に、これに期待します。

広角端12mmでよってみて。
f0302208_20354296.jpg
レンズ先端から9cmまで主要被写体に近づます。

望遠端40mmで。
f0302208_20383407.jpg
望遠端では、レンズ先端7cmの接写が可能。

これは便利かも。


流石にマイクロフォーサイズでF2.8だとボケはそこそこな感じです。

しばらく使って、改めてレビューしてみたいと思います。



[PR]
by TOS1963 | 2015-08-29 14:00 | 機材メモ | Comments(2)
5年間、良き相棒として頑張ってくれたEF70-200mm F4L IS USMとお別れしました。

70-200mm/F4L が購入時の半額以上で売却出来ました。

いろいろ悩んで、EF70-200mm F2.8L IS II USM。

開封の儀。
f0302208_2112493.jpg


ついに大三元。。。

やっぱりデカイ。
f0302208_21134143.jpg


重い。

でも、この所有感、なんとも言えない。
f0302208_2114414.jpg


家で初ショットを撮るのはもったいない。

さっそく、近所の裏山へ。

この開放のボケが堪らない。
f0302208_21161836.jpg


裏山には、これといった撮るものはないのだけど。

撮るのが楽しい。
f0302208_21172886.jpg


絞ってみて。
f0302208_21174776.jpg


ん~、開放から絞ってまで、繊細な描写だ。

AFの効きはどうだろう。

静かに、そしてジャストミート。

鳥も一発ピント。
f0302208_2120668.jpg


色あいも美しい。
f0302208_21203381.jpg


ズームレンズなのに、単焦点のような絵が出る。
f0302208_21205670.jpg


テンション上がる。
f0302208_21215371.jpg


でも、やっぱり重たい。

しばらくすると片手で持てなくなって来た。

早く風景を撮りに行きたいと強く思う。

大正解だな。

EOS 5D MarkIIIとのセット。

腕が上がった勘違いをさせてくれます。(^.^)
f0302208_21234649.jpg


さ、週末は何処へ撮りに行こう。
[PR]
by TOS1963 | 2015-02-11 12:00 | 機材メモ | Comments(0)