撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:レンズ ( 10 ) タグの人気記事

マイクロフォーサイズからXマウントに変更した時に、

フィッシュアイレンズがなくなりました。

時々スパイスとしてフィッシュアイで撮りたくなります。

ということで、SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE。

中野のフジヤカメラでゲットして、その足で新宿で試し撮り。

ということで、新宿で開封の儀。
f0302208_22285308.jpg
高層ビルの間での開封の儀。
f0302208_22292784.jpg
ちっちゃい。

早速、試し撮り。

ということで、やはり都庁広場。
f0302208_22304690.jpg
あいにくの曇り空です。

AFそれほど遅くないし、重くないし、快適。

西口前。
f0302208_22322806.jpg
解像度高く撮れてる感じが、撮っている段階でも分かります。

お昼ご飯を食べに、カレー屋さんへ。
f0302208_22341005.jpg
15cmまで寄れます。

面白い。

大寒波ということで、東京も寒かった。

試し撮りも早々に、帰宅。

家に着くと晴れ間が見えました。
f0302208_22361568.jpg
太陽にカメラを向けてもフレアやゴーストがほとんど出ない。

SIGMAの12-24mmF4.5-5.6の広角レンズは、ゴーストが激しかった。

このレンズは、それほど出ない感じです。

光芒も綺麗。
f0302208_22392981.jpg
当分お間、マーク3に常設になりそうです。


[PR]
by TOS1963 | 2017-01-14 10:30 | 機材メモ | Comments(0)
FUJIFILMのカメラを使い始めて、5本目のレンズです。

FUJINON XF60mmF2.4 R MACRO

f0302208_13212989.jpg
コンパクトなサイズながらもF2.4という明るいF値を持つ中望遠レンズです。

FUJI唯一のマクロレンズ。

付属フードは、金属製。

装着すると、それなりの大きさになる。

それでも、いつもの使っているフルサイズ+100mmマクロに比べれば、相当コンパクトです。
f0302208_13242115.jpg
風景を撮りに行って、ちょっとマクロ撮りたいという時には、

機動力が発揮できます。

F2.4という明るさで、中望遠もキッチリ撮れます。
f0302208_13261923.jpg
もちろんマクロは、シャープで、ボケも綺麗。
f0302208_13274472.jpg
最短撮影距離26.7cm。

手ぶれ補正は、付いていない。
f0302208_13290054.jpg
明るいシーンでは問題なしですが、

暗いところではSSに注意が要るかもしれません。
f0302208_13303532.jpg
AFは、決して早くはありません。

そして、35mmF1.4と同様に音がします。

最後のカチャカチャという音付き。

画角は、35mm判換算で、91mm相当。

マクロは、いつもはフルサイズに100mmなので、同じ感覚で撮れます。
f0302208_13325603.jpg
ピントは開放からシャープで、ボケも綺麗。

私的には、FUJIのカメラが捉える空気感が、

中望遠の風景切り取りで活きるように感じます。
f0302208_13352238.jpg

単焦点の解像度の高さを感じるレンズです。

少し距離を置いた風景を切り取るのが、楽しいです。
f0302208_13360672.jpg
そして、FUJIの色。
f0302208_13415425.jpg
出番が多くなりそうなレンズです。


[PR]
by TOS1963 | 2016-06-16 07:00 | 機材メモ | Comments(2)
Xマウントの超広角ズームレンズ。

35mm換算で15mm~36mm。

ズーム全領域でF4.0です。

しっかりした花形フードが付属しています。質感も高いです。
f0302208_16581832.jpg
X-T1に付けた時のバランスもそれほど悪く無いです。
f0302208_16593410.jpg
X-T10に付けると、見た目バランス悪く見えますが、

レンズ持つ形で使い勝手は良いと思います。

ズームリングも幅広で使いやすいです。

リング類はそれぞれ十分なトルク感を持ってます。

とてもしっかりした作りに感じます。

描写は、素晴らしいです。
f0302208_17060705.jpg
単焦点に劣らない、絵を作ってくれます。

強力な手ぶれ補正が付いています。
f0302208_17010322.jpg
手持ちでも十分な、解像度の高い写真が撮れます。

近接能力が非常に高いです。
f0302208_17014795.jpg
マクロモードでは24cmまで寄ることが出来ます。

広角の特徴を活かした独特の視線からの写真が撮れます。

AFは、早いです。

他の35mm、60mmと比べると、格段に早いです。

そして、音がほとんどしません。

逆光に強いと感じます。
f0302208_17071550.jpg
ゴーストとフレアもほとんど出ません。

それなりの逆光でも、コントラストの低下が少なく感じます。

購入して大満足のレンズです。

風景撮り中心の私にとって、

単焦点にも劣らない高い描写の絵が撮れる素晴らしいレンズです。

FUJIのカメラとの組み合わせで、

高い機動力も発揮できます。

f0302208_17123278.jpg
f0302208_17141720.jpg



[PR]
by TOS1963 | 2016-06-15 07:00 | 機材メモ | Comments(2)
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを使い始めて半年以上たったので、

振り返ってみてのレビューを少し。
f0302208_15323396.jpg
オリンパスのプロシリーズ、ズーム全域開放 F2.8の大口径レンズが売りのこのレンズ、

やはりその描写が最大の特徴だと思います。
f0302208_15341768.jpg
素晴らしい描写だと思います。

単焦点に劣らない美しい絵が撮れます。

12mm-40mm、35mm換算で24mm-80mm

全域で変わらない絵です。

そして、20cmまで寄れるマクロ性能。
f0302208_15350757.jpg
これは、私にとって大きな優れ部分。

マイクロフォーサイズでは、マクロレンズを持っていないので、

これまで、45mmF1.8を使ってマクロ的に撮っていたのですが、

出番が少なくなりました。

もちろん、45mmF1.8も素晴らしいレンズです。

全焦点域で20cmまでよれるのが嬉しい。


ゴーストやフレアを徹底的に排除「ZEROコーティング」
f0302208_15354362.jpg
安心して使えます。


防塵・防滴・耐低温性能を備えたレンズ、

OM-D E-M1と組み合わせで、多少の雨など気にせず使えます。

そして、冬の微速度も信頼出来ます。


「マニュアルフォーカスクラッチ機構」が付いているので、

瞬時にマニュアルフォーカスに切替が可能です。

距離目盛りが付いているので、星撮りなどにも便利。

マイクロフォーサイズでのF2.8なので、

ボケについては、足りない感じするケースもありますが、

20cmまでの寄りと組み合わせれば、不満はありません。
f0302208_15365289.jpg
何せ重さは382gです。

これで大口径の写真が撮れるのは、機動力発揮です。


フォーカスも、早くて静かです。
f0302208_16195196.jpg
もちろんカメラ本体の性能が大きいのでしょうが、

「すっ」「ぴたっ」の感覚で撮れます。


これ一本あればと思えるレンズです。

逆に万能過ぎてしまうのかも。。。


f0302208_15361295.jpg
f0302208_15363896.jpg
f0302208_15362213.jpg


[PR]
by TOS1963 | 2016-01-30 15:00 | 機材メモ | Comments(0)
FUJIFILM X-T10を使い始めて、

どうしてもレンズが欲しくなった。

XF35mm F1.4 R。

スナップ用にコスパのよいこのレンズ。

最近発売された35mm/F2.0と、どちらにしようか悩みましたが、

F1.4の明るさでこちらを選択。

F2.0は、AFも速そうだし、防塵防滴だけど、ちょっと特徴が無いように感じてしまった。

開封の儀。
f0302208_01151117.jpg
しっかり入っている。
f0302208_01154533.jpg
それほど高級感のあるレンズではありません。
f0302208_01160709.jpg
レンズフードの形が、ちょっと変わってる。
f0302208_01174558.jpg
X-T10に付けてみる。
f0302208_01181047.jpg
ちょうどよい大きさに。

手にもしっくり来ます。

とりあえず部屋の中のものを開放で。
f0302208_01192695.jpg
f0302208_01194390.jpg
ちょっと音するし、AF遅いけど、ピントは来ます。

ボケも自然な感じ。

明日、どこへ撮りに行こうかな。

[PR]
by TOS1963 | 2015-12-12 16:30 | 機材メモ | Comments(0)
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを購入です。

マイクロフォーサイズは、OM-D E-M1とGM1の2台。

これまでレンズは、単焦点中心で、

8mmフィッシュアイ、12mmF2.0、25mmF1.8、45mmF1.8、45-150mm/F4.0-5.6。

最近出番のない、25mmF1.8をドナドナして、標準ズームを。

メイン機は、5D MarkIIIなので、サブ機としてE-M1を使って来て、

どうしても単焦点を交換する手間が面倒だったりします。

PROシリーズも使ってみたくての今回の購入です。

遊ぶためのカメラ購入への気持ちを必死に抑えた。。。^_^;


開封の儀。
f0302208_20170117.jpg
なんか箱が立派、PROシリーズだから?
f0302208_20174848.jpg
これまでのPREMIUMシリーズとは、違う質感ですね。

ズーム全域開放 F2.8の大口径レンズ。

ずっしりと重いです。
f0302208_20211920.jpg
OM-D E-M1に着けるとしっくりきます。

試し撮り。

本当の開封の儀は、カメラ屋さんの帰り道。^_^;
f0302208_20304498.jpg
F8まで絞ってスナップ。

雨で暗かったのですが、なかなかの解像度かな。

広角端12mmで。
f0302208_20322397.jpg
同じ場所から、望遠端40mmで。
f0302208_20340481.jpg
雨が降っていたのですが、防塵・防滴性能で安心。


瞬時にマニュアルフォーカスに切替が可能な「マニュアルフォーカスクラッチ機構」が付いてます。

12mmF2.0と同じ機能。

マニュアルに変えるのにとっても便利。

星撮りなんかで活躍します。


全焦点域で撮像面から20cmまでよれる、

最大撮影倍率0.6倍(35mm判換算)のマクロ性能。

何気に、これに期待します。

広角端12mmでよってみて。
f0302208_20354296.jpg
レンズ先端から9cmまで主要被写体に近づます。

望遠端40mmで。
f0302208_20383407.jpg
望遠端では、レンズ先端7cmの接写が可能。

これは便利かも。


流石にマイクロフォーサイズでF2.8だとボケはそこそこな感じです。

しばらく使って、改めてレビューしてみたいと思います。



[PR]
by TOS1963 | 2015-08-29 14:00 | 機材メモ | Comments(2)

LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6

マイクロフォーサイズでも望遠を持っておこうと購入したのが、

LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6

なんだか最近とってもすぐれもののレンズの気がしてきた。
f0302208_1632985.jpg


ネット上では、LUMIX G X VARIO 45-175mm/F4.0-5.6と比較され、

圧倒的に45-175が勧められている。

買いに行ったヨドバシカメラで、45-175が在庫切れだったのもあって45-150を購入。

価格は、2014年1月でヨドバシカメラで23,800円(ポイント10%)。

マイクロフォーサイズでは、35mm換算90-300mmとなる。

谷中の夕やけだんだんから。
f0302208_16343617.jpg

12mm 35mm換算24mmでこんな感じの場所から

45mm、150mmで撮ってみます。

45mm 35mm換算90mmだとこんな感じ。
f0302208_16353869.jpg

OM-D E-M5 F4 ISO800

150mm 35mm換算300mmだとこんな感じ。
f0302208_16362924.jpg

OM-D E-M5 F5.6 ISO3200

結構な距離をしっかり描写してくれます。

LUMIXなのでレンズ手ブレ補正。

OM-Dに付けて使うときは、ボディ内手ぶれ補正が優先されます。

5軸手ぶれ補正の恩恵は大きい。


富士を手持ちで撮影。
f0302208_16431918.jpg

焦点距離100mmで撮っています。

曇りの夕方だったのでコントラストはありませんが、

手持ちでもぶれません。

同じ日に、手持ちでお月さまを。
f0302208_1645787.jpg

焦点距離150mm

私的には、全然手持ちでぶれなしで十分な描写。


スポーツシーンで使ってみます。

OM-D E-M5 + 45-150mm
f0302208_1651243.jpg

焦点距離150mm、SS1/1600。

ノートリミング。

シーンによっては、十分な映りだと思います。

追尾AFで撮っていますが、正直厳しく、

歩留まりは悪かったです。

でも、それはカメラ側の問題。

ま、サッカーは、35mm換算300mmでは、ちょっと厳しいかな。


鳥を撮ってみます。

近所の公園で、カワセミ発見。
f0302208_16562428.jpg

焦点距離150mm。

ノートリミングで。

鳥の動きには全く付いていけませんでした。

ま、これもカメラ側の問題。

鳥撮りに300mmは厳しいですね。


最近、とってもこのレンズがイイと思えるようになったのは、

花撮り。

マイクロフォーサイズでは、マクロレンズを持っていないので、

多くは、M.ZUIKO 45mmF1.8で撮っています。

焦点距離が厳しい場合に、45-150mmを使っていたいました。

結局のところ、あまり出番がなかった。

でも、最近その映りの良さを感じるようになりました。

これは、温室の睡蓮をO-MD E-M5で撮ったもの。
f0302208_17335221.jpg

焦点距離150mm F5.6 ISO400

これは、O-MD E-M1で撮ったもの。
f0302208_17361418.jpg

焦点距離150mm F5.6 ISO6400

これも温室内の暗い場所だったので、ISO6400で撮っています。

E-M1でより高感度に強くなって、その威力が増した感じがしました。

古代ハスも。
f0302208_17371914.jpg

OM-D E-M1 + 45-150mm
焦点距離150mm F5.6 ISO200

花を撮るのは、明るいレンズ開放でのワンパターンでした。

F5.6でも望遠で、主役を浮き立たせることが出来るのを、

今更気付いた感はありますが。。。


LUMIX DCM-GM1に付けてみます。
f0302208_1745723.jpg


コンパクトなレンズだと思っていた45-150mmでも大きく感じる。

でも、軽い。

GM1はボディ内手ぶれ補正はないので、

45-150mmのレンズ手ぶれ補正が使われます。
f0302208_17471993.jpg

焦点距離150mm F5.6 ISO200

何ら問題なし。

もちろん、カメラ側の性能にもよるとは思いますが、

2万円のレンズだとは思えない描写力だと感じます。

コスパはメチャクチャ高い。

フルサイズと中望遠の組み合わせだと、非常に重いです。

シーンでは、マイクロフォーサイズの機動性を発揮する

強い味方になるレンズだと思います。

ま、オリンパスから出る中望遠ズームは気になりますが。。。^_^;

これからも積極的に使って行こうと思います。
[PR]
by TOS1963 | 2014-07-07 21:00 | 機材メモ | Comments(0)
レンズのレビューをしてみようと思います。

現在、Canon EOS 5D MarkIII と OLYMPUS OM-D E-M5の2台を

主に使って撮っています。

フィッシュアイが欲しくて、どちらのマウントにするか悩みましたが、

微速度撮影にも使いたいと思って、

マイクロフォーサイズにしました。

マイクロフォーサーズ初の魚眼レンズ「LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5」です。

昨年の12月に購入、何ヶ月か使ってみた感じをレビューしてみようと思います。

大きさは、本当に小さいです。そして軽い。

最大径60.7×長さ51.7mmで重量165g。
f0302208_9595214.jpg
プラスチック感まるだしなのはちょっとな、高級感は全然ありません。

焦点距離は35mm判換算で16mmとなる。

もちろんフィルターは付けられません。
f0302208_1005152.jpg
OM-D E-M5に付けても小さい、手持ちで機動力発揮できます。
f0302208_14424796.jpg
AFも何ら問題なしです。

描写力も高いと思います。
f0302208_1052435.jpg
隅まできっちり写し込んでます。

あまく流れるような感じもありません。
f0302208_1083776.jpg
F3.5が明るくないのではという点も、今の感度の高いボディと組み合わせれば

何ら問題ないと思います。

夜景を手持ちで十分楽しめます。
f0302208_1081695.jpg
やりたかった星景撮りにも使えます。
f0302208_1091774.jpg
※この写真は、星撮り自体が不慣れなのでLightroomで現像しています。

最短撮影距離 0.1 m、メチャクチャ寄れます。
f0302208_10195643.jpg
広角系レンズで気になるゴーストやフレア。

太陽を直接撮ってみましたが、それほど気になりません。

補正なし、F3.5開放で。
f0302208_1015710.jpg
F22まで絞るとこんな感じ。
f0302208_10154637.jpg
私的には、手持ちでどんどん簡単に高い描写が撮れるので、とても満足しています。

こんな雪の場所でも手持ちで楽しめます。
f0302208_10193016.jpg
フィッシュアイ自体がなかなかメインで使うのもではないので、

どれほどの価格なら買いかは個人差も大きいと思います。

購入価格が6万ちょっとだったと思います。

同じ価格感のM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0と比べると

写りは全く問題ないのですが、

質感はかなり劣ります。

少しお高い感はありますね。

出来れば「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」のような「スナップショットフォーカス機構」が欲しかった。
f0302208_10211530.jpg
ま、特殊なレンズということで。。。ほぼほぼ満足かな。
[PR]
by TOS1963 | 2014-04-07 21:00 | 機材メモ | Comments(0)
新しい仲間が入りました。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

35mm判換算50mm、単焦点標準レンズ。

至近25cm、最大撮影倍率0.12倍(35mm判換算0.24倍相当)の撮影が可能です。

マイクロフォーサイズのレンズで最初に感動したのはM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8。

コストパフォーマンスが良くて素晴らしい映りに撮りまくってました。

同じタイプの製品として 25mm F1.8 やっぱり欲しくなってしまいます。

オリンパスのオンラインショップでポイントを使うと29,988円。

価格コムの最安値よりさらに安くなります。

そして3年間レンズ保証付き。

ポチってしまいました。

画角の近い LUMIX G 20mm F1.7 を14,000円で売りました。

レンズはそこそこで売れるから、新しいのが欲しくなってしまう。

2月28日、発売日に自宅にお届きました。

開封の儀。
f0302208_085478.jpg
OM-D E-M5に付けてみます。
f0302208_094816.jpg
フィルター径46mm、M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0と同じです。

さっそく試し撮り。
f0302208_013928.jpg
やっぱり開放からきっちり高解像、ボケも美しい。

AFも早いし静かです。

夜をベランダから撮ってみます。
f0302208_0153394.jpg
明るいレンズのメリットは大きい。

レンズが届いた翌日に風景を撮りに行こうと思ったのですが、

生憎の冷たい雨。

自宅でこのレンズで。
f0302208_0174060.jpg
カメラで見ると、開放だと少し収差が出ているように思えたのですが、

OLYMPUS Viewer 3で取り込むと全く問題なし。

RAWでしか撮らないので、基本関係ないのですが。。。

至近25cmなので、食べ物撮ったりとかに使えますね。

別売のマクロコンバーターレンズ(MCON-PO2)を使えば、

至近17cm、最大撮影倍率0.22倍(35mm判換算0.44倍相当)の「簡易マクロ撮影」が

出来るようです。

ウサギのボルトをモデルにって、テーブルの下に隠れてるし。。。
f0302208_0184285.jpg
開放でばかり撮ってしまう。

絞って風景撮りたい。

当分このレンズが常設になりそうです。
[PR]
by TOS1963 | 2014-02-28 21:00 | 機材メモ | Comments(2)
冬のボーナスお小遣いでフィッシュアイ購入。
f0302208_16531361.jpg
ビックカメラでゲット。

さっそく試し撮り。

まずは、「東京国際フォーラム」。
f0302208_165446.jpg
やっぱり面白い。

APS-Cサイズのカメラからフルサイズに移行時にフィッシュアイも売ってしまったので、

久しぶりだ。
f0302208_16585882.jpg
イルミネーション撮りに行こう。

イルミネーション、師走ですね。
f0302208_170074.jpg
毎年撮っている通りも、フィッシュアイだと新鮮。
f0302208_1714877.jpg
アートフィルターでクリスマスっぽく。
f0302208_1772392.jpg
面白いショーウィンドウ。
f0302208_1782210.jpg
車に映るイルミネーションも美しい。
f0302208_1792250.jpg
東京駅が見えてきました。

お、月が出てる。
f0302208_17113240.jpg
東京駅、フィッシュアイ、

ここを撮らないわけにはいかないでしょ。
f0302208_17132631.jpg
フィッシュアイで下も。。。

でも、ずっと撮ってるの怪しい?

一枚にしとこう。
f0302208_17145794.jpg
フィッシュアイ楽しい。

さ、帰ろう。
[PR]
by TOS1963 | 2013-12-12 19:00 | 撮影記録 | Comments(2)