撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
開田高原へ着きました。

お昼前ですが、腹ごしらえ。

お蕎麦屋さんへ。

え、並んでる。

30分待ってやっとお蕎麦にありつけました。
f0302208_2236877.jpg
信州は大好きなお蕎麦がいっぱいあって嬉しい。

お腹も一杯になったので、「木曽馬の里」へ。
f0302208_23365717.jpg
そば畑、花はまだ少し早い感じです。
f0302208_23375878.jpg
木曽馬というのは独特な体型なのでしょうか。

よくわかってませんが。。。

それにしても暑い、高原だけど日差しは厳しい。
f0302208_23395689.jpg
これがシンボルのこならの木みたい。

暑い。

ソフトクリーム食べよう。
f0302208_23412146.jpg
夕景スタート。
f0302208_23415592.jpg
ドラマチックだ。
f0302208_23423121.jpg
美しかった。

天気も良さそうなので、

今夜は「木曽馬の里」で星撮りをしようと思います。

車中泊なので、夕食はカップラーメン。
f0302208_23461050.jpg
月が出てる。

星撮りは厳しいか。

月が沈む頃を狙ってみようか。

缶ビール飲んで、寝て待ちます。

Zzzzz。
[PR]
# by TOS1963 | 2013-08-18 11:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
「自然湖」の朝撮りに午前3時半に出発。

誰もいない。

独占状態だけど、ちょっと寂しい。

お、星も見えてる。
f0302208_2129642.jpg
暗闇の中の古木を撮ってみる。
f0302208_2217116.jpg
夜明けも近づき蒼い世界が広がる。
f0302208_2216159.jpg
f0302208_22161831.jpg
日が昇った。

山に囲まれているので日の出のシーンは見れません。

写真サイトでよく見る古木の写りこみと湖面の揺らぎ。

やっぱり撮らずには居られませんね。
f0302208_22191356.jpg
f0302208_23285248.jpg
靄があれば、幻想的なシーンになったのにという考えは贅沢ですね。

さ、撮影終了。

宿に帰って朝食~。
f0302208_22244492.jpg
本日は、「こもれびの滝」に寄ってから「開田高原」を目指します。

天気は曇りぎみです。

ま、それほど期待せずに行きましょう。

期待するといいことないことが多いので。。。

「こもれびの滝」は、御嶽山のふもとにあります。

駐車場から近いのがうれしい。

滝撮りの苦手な私。

あせらず撮ってみよう。
f0302208_2228458.jpg
f0302208_22291857.jpg
f0302208_22295075.jpg
お、曇り空から光が入った。

これが名前の由来か。

やはり、白とびのコントロールうまくいきませんでしたが、それなりに満足。

いざ、開田高原へ。
f0302208_2232622.jpg
開田高原へ向かう途中に寄った「地蔵峠」。

本当は御嶽山が展望できるはずなのですが、雲の中。

その2へ続く。。。
[PR]
# by TOS1963 | 2013-08-18 00:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
「妻籠宿」を後にして、王滝村の「自然湖」を目指します。

「自然湖」は、あこがれのアマチュアカメラマンyumeさんの作品をみて、

ずっと訪ねてみたかった場所です。

明日の朝撮りを前にロケハンに行ってみます。
f0302208_19492690.jpg
細い川沿いの道を走って「自然湖」に着きました。

夏は、カヌー教室が開かれているみたいで、子供たちがカヌーを楽しんでいました。

結構、小さいところなんだな。

撮れる場所は限られていそうです。

でも、この堰き止められて作られた人工湖の特徴である古木がとっても良い感じです。

さ、今日は宿に泊まります。

王滝村の宿へ向かいます。
f0302208_19525415.jpg
夏休みのシーズンに一人旅で泊まれる宿は少ないです。

ネットで見つけた安宿です。
f0302208_19541386.jpg
家を出てから2日経っているので、風呂に入りたい。

風呂上がり、気持ちいい。

宿の周りを散歩してみよう。
f0302208_1956010.jpg
山間の村の雰囲気が心地よい。
f0302208_19565291.jpg
夏の午後の雰囲気が堪りませんね。
f0302208_2021047.jpg
宿の夕食は、決して豪華ではありません。

疲れもあってかビール一本でほろよいで、大満足。

さ、もう寝よう。

22時には寝てしまいました。

Zzzzzz。
[PR]
# by TOS1963 | 2013-08-17 15:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
2時間おきぐらいに起きると、周りは凄い霧。

風も強く、山は怖いぐらいの様相。

寝よう。

朝方近くに起きると。

お、霧が少なくなってる。

あ、星が見える。

あわてて三脚を用意。

無理やりですが、星撮り。
f0302208_22122212.jpg
駐車場には車は数台しかありません。
f0302208_22125231.jpg
また、深い霧が出て来た。

夜明けまで車で待とう。

夜明けの時間、霧も深いので山まで歩いても難しそう。

ちょっと車を走らせて夜明けの場所を探そう。

お、何か良い感じの場所。
f0302208_22153116.jpg
日が昇る場所は探している時間はないな。

とりあえず、駐車場へ戻ろう。

あ、空が色づいてる。
f0302208_22164269.jpg
山頂のテレビ塔に雲が、天空の城。
f0302208_23125021.jpg
日が昇りました。

天気も回復してきそう。

高原の朝のよい雰囲気に。
f0302208_23135181.jpg
さ、ふもとに下りて朝食取ろう。

本日の予定は、宿場町を回って「王滝村」へ

まず最初の宿場町「奈良井宿」

まだ午前中早目なので人も少ない。

とっても良い感じの宿場町。

暑い。。。
f0302208_17482920.jpg
町の小景が魅力的。
f0302208_17492070.jpg
f0302208_17494899.jpg
青の朝顔が美しい。
f0302208_1750298.jpg
観光客用なのかも知れませんが、風情を感じます。
f0302208_17512570.jpg
f0302208_17514781.jpg
f0302208_17521438.jpg
街スナップを堪能しました。

さ、次の宿場町へ。

国道19号(中山道)をひたすら走ります。

着いたのは「妻籠宿」。

観光客も多い。

お盆は過ぎたけど、夏休みの人々が観光に来ています。
f0302208_17582095.jpg
駐車場から橋を渡って宿場町へ行きます。

ん、おなか空いた。

まずは腹ごしらえとしますか。
f0302208_1822033.jpg
入ったのはお蕎麦屋さん、なんか古い感じがとってもいい。
f0302208_184161.jpg
五平餅付き。。。

さ、腹ごしらえもできたし、街を散策しましょう。
f0302208_1853519.jpg
f0302208_186391.jpg
f0302208_1862948.jpg
f0302208_1864888.jpg
f0302208_1871535.jpg
f0302208_1873860.jpg
f0302208_188798.jpg
「妻籠宿」も十分に楽しみました。

これから、明日朝撮りを計画している「自然湖」のロケハンして、今日泊まる宿へ行きます。

その2へ続く。。。
[PR]
# by TOS1963 | 2013-08-17 00:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
夜中に自宅を出発。

信州への旅、最初は「高ボッチ高原」を目指します。

「高ボッチ高原」から、富士山と諏訪湖のコラボを狙います。

何と台風並みの大豪雨が信州に。

中央高速、諏訪から通行止め、大渋滞が。。。

諏訪湖の花火大会も中止になり、諏訪湖周辺は大混雑。

目指す「高ボッチ高原」への山道入口にたどり着いたのは、4時ごろ。

え~、「高ボッチ高原」への道が通行止めになってる。

どうする?日の出まで時間がない。

近いところで「御射鹿池」へ行こう。

5時間運転しっ放しでしたが、何とか「御鹿射池」に着きました。

さ、撮影しよう。
f0302208_19435946.jpg
f0302208_19443032.jpg
朝日の射しこむ前の雰囲気が美しい。
f0302208_19453196.jpg
ハイキーにして夢の中のイメージを。

安易か。
f0302208_19462570.jpg
ここはいつ来ても楽しい。
f0302208_1947175.jpg
カモが清々しい朝の雰囲気を演出してくれました。
f0302208_1948407.jpg
「御射鹿池」にも日が入る時間に、撮影終了しますか。

おっと斜光が美しい。
f0302208_038740.jpg
一時はどうなるかと思いましたが、何とか貴重な朝の時間を楽しめました。

さ、朝食にしよう。

ちょっと車を走らせ、朝食のとれる所まで移動。
f0302208_19533810.jpg
朝食はいつものどん兵衛。

さてと、次の目的地「美ヶ原高原」を目指しますか。
f0302208_19562473.jpg
天候は素晴らしく、ドライブも気持よい。

「美ヶ原高原」初めて訪ねたので勝手が分からない。

とりあえず、リックにカメラ入れて歩きます。
f0302208_19581771.jpg
高原、気持いい~。
f0302208_19593324.jpg
定番の美しの塔。
f0302208_2002886.jpg
高原を撮ろうと持ってきた広角、せっかくだから使わなきゃ。

気が付けば、結構歩いて「王ケ頭ホテル」まで来ました。
f0302208_2042494.jpg
高原に来るとなぜかソフトクリーム食べたくなります。

美ヶ原長和町営駐車場へ歩いて戻ります。

駐車場に着くころにはお昼。

さ、何食べよう。
f0302208_2072924.jpg
名物?山賊ラーメン。

ひと寝入りして、美ヶ原をぐるっと回って反対側の美ヶ原高原駐車場へ移動します。
f0302208_2095780.jpg
途中に美しい森が。。。

さ、美ヶ原高原駐車場に着きました。

夕景を狙って、「王ケ鼻」に向かってみようと思います。
f0302208_2012957.jpg
鹿と遭遇。

目線合ってます。
f0302208_2013581.jpg
「王ケ頭」に着くと怪しい雲が。。。

雨です。

結構降ってきました。

カッパはどこ?。

駐車場へ戻ろう。

やっとの思いで駐車場に戻ると、雨が止んで。。。

お、夕景の雰囲気。
f0302208_2015111.jpg
駐車場近くから何とか夕景を。

さ、今夜はこの山頂の駐車場で過ごして、夜の星撮り、朝景を狙います。

まずは、腹ごしらえ、今回コンロひとつでカレーにチャレンジ。
f0302208_20191220.jpg
レトルトのご飯温めて、カレー温めて、凄い時間掛ったのに、食べるの5分。

ビール買うの忘れたし。

寝て星空になるのを待ちます。

なんか凄い風出て来た。

夜中に目覚めると、あたりは強風。

深い雲の中。

駄目だ、寝よう。

Zzzzz...
[PR]
# by TOS1963 | 2013-08-16 00:00 | 撮影旅行 | Comments(0)