撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「達沢不動滝」から「五色沼」に戻って来ました。

雨も小ぶりになってきました。

「五色沼」巡りに出発。

もっとも大きな沼「毘沙門沼」からスタート。

多くの観光客は、この沼を見て帰る感じです。

自然探勝路を歩きます。

雨上がりだけど、色合いが美しい。
f0302208_13305959.jpg
映り込みが素敵です。

「弁天沼」

沼にある古木からの新芽。
f0302208_1332495.jpg
生命力を感じますね。

水辺の雰囲気が。。。
f0302208_13341621.jpg
モミジのシルエットが美しい。
f0302208_1357214.jpg
紅葉の時期が見てみたい。

どの沼も青色が素敵です。

「青沼」ってどんな色なんだろうと期待してしまいます。
f0302208_13345981.jpg
ん~、同じ青だった。
f0302208_1356265.jpg
山の背景が見れたら、素敵だろうな。
f0302208_13594562.jpg
片道3Km以上、往復しました。

結構疲れましたが、大満足です。

ポピュラーで、大したことなかったりするのかなと思いましたが、

とっても素敵な場所でした。

遅い昼食を取って、「布引高原」へ向かいます。

高原に近づくと霧が。。。

山の上は濃霧状態。
f0302208_1443382.jpg
駐車場からちょっと歩いてみます。

ん、風力発電も見れない状態。
f0302208_1451446.jpg
でも、高原の木が魅力的。
f0302208_1454919.jpg
あ、キャベツ畑なんだ。
f0302208_1462884.jpg
8月のひまわりを期待して来たのですが、

まだ早かったようです。

おまけに濃霧。

お、ひまわりの咲いている場所を発見。
f0302208_1474230.jpg
濃霧を使って幻想的にしてみます。
f0302208_1495325.jpg
ここで、夜星を撮ろうと考えていたのですが、無理ですね。
f0302208_14242824.jpg
山を下りて、一旦高速へ。

PAで、これからどうしようか考えます。

ん~、明日の朝も無理そう。

東北自動車道、お盆最終日ですがそんなに混んで無さそう。

歩き疲れたし、帰宅することにします。

フルフル3日間の撮影旅行。

天気は悪かったですが、いろいろ初めての場所を楽しめました。
[PR]
by TOS1963 | 2014-08-17 11:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
曇り時々雨の天気予報。

あまり期待しなかったのですが、

「秋元湖」の夜明けを撮りに行きました。

昨日見つけたダム堤防への入り口をちょっと上ると、

おお、美しい~。
f0302208_10571924.jpg
少しだけ太陽の光が。。。

浮島を照らす光が美しい。
f0302208_10582656.jpg
実は、大失敗をしていました。

70-200mm F4の手ぶれ補正を切ったつもりだたのですが、

切れていなくて、RAW現像してみたらぶれぶれ大量。

なんとか救えたものをアップします。
f0302208_1112578.jpg
山を流れる雲が素敵。
f0302208_1105777.jpg
今回の旅行で初めて微速度セッティング。
f0302208_1114812.jpg
もっと早くから撮ればよかった。

湖面の木が魅力的。
f0302208_1125186.jpg
ん~、太陽は雲に隠れたままになりそう。
f0302208_114428.jpg
おじいさん、おばあさんの団体さんが来ました。

少しだけ撮って、あっという間に撤収して行った。

夜明けのシーンを巡るのでしょうか。

だんだん明るくなって来ました。
f0302208_1153760.jpg
本当は、湖岸の美しい映り込みがあったのですが。。。

ぶれぶれ。。。

ちゃんと確認しないといけませんね。大反省。

でも、今回の旅行で何とか夜明けのシーンを撮れたのは良かった。

「秋元湖」の夜明けの動画はこちらをどうぞ。


一旦ホテルへ戻ります。

朝食を取って、ホテルをチェックアウト。

「裏磐梯」の天気予報は午後の方が回復しそうなので、

先に、「達沢不動滝」を訪ねてみようと思います。

車も少なく40分ぐらいで着きました。

最後は舗装されていない道でした。

誰も居ない。

独占状態。

水量もあって、美しい。
f0302208_11113790.jpg
撮る場所は限られているので、

アングルは決まってしまいますね。
f0302208_11115319.jpg
じっくり撮れるので、PLフィルターで岩の反射も調整しながら撮りました。
f0302208_1113113.jpg
いつもは適当なのに。。。

モミジがイイ感じです。

紅葉の時はうつくしいだろうな~。
f0302208_11135126.jpg
しばらく撮っていると、観光客がちらほら。

三脚邪魔にならにように気を使います。

でも、楽しい。
f0302208_11155024.jpg
全体的にはこんな感じの場所です。
f0302208_1117468.jpg
満足~。

駐車場から滝へは歩いて10分ぐらいです。

途中に石を抱えた大木がありました。
f0302208_11182266.jpg
さ、五色沼に戻って、沼巡りしよう。

つづく。
[PR]
by TOS1963 | 2014-08-17 04:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
今回、「裏磐梯ロイヤルホテル」に泊まります。

いつもだと、お盆の時期に一人で泊まれるのは限定されてしまうのですが、

普通にホテルが取れました。

やはり福島ということで客足が少ないのでしょうか。

部屋も一人なのにツインにしてくれました。

一人では広すぎる。。。
f0302208_9272868.jpg
雨と汗で、べとべと状態なのでさっそく温泉へ。

露天風呂が気持ち良かった。

生き返った。

やっぱり泊まりはくつろげる。

食事は和風コースです。
f0302208_931661.jpg
いやいや昨日の車中泊とは大違い。
f0302208_9461382.jpg
地ビールいただきます。
f0302208_931759.jpg
う~。

前菜もおいしい。
f0302208_9323231.jpg
焼物は、鮑~。
f0302208_9325760.jpg
このお造りは器は、溶けない氷の器だと

テーブル担当のお兄さんが教えてくれました。
f0302208_9334737.jpg
抹茶塩で食べる天ぷらもおいしい。
f0302208_936237.jpg
茶碗蒸し、伊達鶏の釜めし などなど。。。
f0302208_9454944.jpg
デザート~。
f0302208_9384215.jpg
結構お腹いっぱい。

テーブルフォトも楽しんで、

大満足でした。
f0302208_9395745.jpg
さ、明日に備えて早目に寝よう。

つづく。
[PR]
by TOS1963 | 2014-08-16 16:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
一日中天候が悪い予報の「裏磐梯」。

急きょ街撮りに変更しようと、「会津若松」へ。

最初に訪ねたのが、「鶴ヶ城」。
f0302208_8404493.jpg
難攻不落の名城とうたわれた「鶴ヶ城」、

すでに駐車場へ向かう道も曲がりくねった城壁の中を進みます。

生憎の雨ですが、観光客も多く来ていました。

天守閣からの眺め。
f0302208_8582091.jpg
天気、悪いです。

テンション下がります。

古い建物が残るという「七日町」へ行ってみます。
f0302208_90166.jpg
昔の宿場町が残っているというような場所ではなく、

町のある通りに古い建物が点在しているといった感じです。

かなり古い建物は、趣があります。
f0302208_912283.jpg
何気ない風鈴が、魅力的だったりします。
f0302208_922148.jpg
雨が、強くなって来ました。

観光客と思われる家族連れも多くいました。
f0302208_932432.jpg
おばあさん一人でやっているのかな。

とっても魅力的なお店。
f0302208_944185.jpg
富士山みっけ。
f0302208_954490.jpg
雨が、どんどん強くなって来た。

う、ゲリラ豪雨状態。

駐車場へ戻ります。

車の前が見れないぐらいの雨。

「会津若松」の食べ物として有名なソースかつを食べに。
f0302208_983242.jpg
あ~、満腹。

これからどうしようかな。

この悪天候、どこも廻る気力が。。。

明日のロケハンしながら「裏磐梯」のホテルへ向かうことに。

定番の「五色沼」へ。

「裏磐梯ビジターセンター」でパンフレット50円。

「毘沙門天沼」だけ見てみます。
f0302208_9112622.jpg
雨ですが、イイ色です。

観光客も多いです。

つぎは、明日の朝狙う「秋元湖」へロケハン。

え、どっから湖撮るの?

やっと見つけた。
f0302208_9151159.jpg
おお、イイ感じの風景です。
f0302208_9152397.jpg
やっぱりロケハンは必要ですね。

他にも沼を廻ってホテルへ向かいます。

つづく。
[PR]
by TOS1963 | 2014-08-16 10:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
「那須塩原」から「猪苗代」へ。

「郡山」まで高速を使って、湖南から上って行きます。

「猪苗代」は、撮影スポットが良く分かりません。

夕景を狙おうと、湖畔を走ります。

広大な田んぼの中を走ってみます。
f0302208_1771190.jpg
海水浴場に停められそうです。

ん~、天気悪いな。
f0302208_1754481.jpg
あ、少し太陽が。。。
f0302208_1775873.jpg
凄い雲がやって来た。
f0302208_1793131.jpg
山にも雲が。。。
f0302208_17104132.jpg
夕景は、駄目そうです。

残念。

「猪苗代湖」は諦めて、「裏磐梯」へ。

道の駅「裏磐梯」へやって来ました。

途中凄い雨。

今日は、星景も撮れそうにありません。

ここで、夜明けを待つことに。

駐車場には、何台も車中泊の車がありますが、混んでいるわけではなさそう。
f0302208_17135810.jpg
さ、のんびりって車中は厳しい。
f0302208_17125746.jpg
久しぶりの車中泊。

Zzz。

夜明け前、撮影スポットと決めた「桧原湖の細野」というところへ。

ところが大雨。

諦めて、道の駅へ帰って来ました。

夜明けのコーヒー。
f0302208_17165293.jpg
今日は、どうしようかな。

一日雨の予報です。

「桧原湖」も霞んで見えません。
f0302208_17183237.jpg
「会津若松」へ行って、街撮りすることにします。

つづく。
[PR]
by TOS1963 | 2014-08-15 15:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
「尚仁沢」から車で1時間。

通る車もほとんどなく、快適にドライブ。

スッカン沢に着いたのは、10時。

渓流に沿ってトレッキングです。

体力持つかしら。。。

渓流が涼しさをくれます。
f0302208_15401570.jpg
アップダウンが少ないので楽です。

ところどころに滝が。
f0302208_15401029.jpg
「大木のカツラ」までやって来ました。
f0302208_1547354.jpg
見事な大木。

緑が美しい。
f0302208_15474637.jpg
フィッシュアイで。
f0302208_15482141.jpg
ん~、イイ感じ。

緑の聖なる場所って感じ。

お気に入りの一枚が撮れた気がします。

紅葉の時期が美しいのだろうな。
f0302208_1549411.jpg
古木も魅力的です。
f0302208_15493279.jpg
滝撮りは、例のごとくあまりうまくいきませんでした。

トンボ。
f0302208_15542748.jpg
来た道を戻ります。

帰りは、結構歩くのに夢中になってた。

さ、お昼だ。

お蕎麦、食べに行こう。

「那須塩原」のお蕎麦屋さんへ。
f0302208_15531248.jpg
川を見ながら。。。
f0302208_1555513.jpg
次の目的地は、「猪苗代湖」です。

いざ、「福島」へ。

つづく。
[PR]
by TOS1963 | 2014-08-15 10:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
夏休みを利用した撮影旅行。

今年は、「那須塩原」を経て「裏磐梯」方面へ。

第一日目は、「尚仁沢」からスタート。

自宅を夜中1時30分に出発、4時に現地へ到着。

駐車場には車が一台もない。
f0302208_14401189.jpg
天候が悪いせいかな。

夜明け前の明るさが出て来たころに渓流へ。

おお、見事だ。
f0302208_1441266.jpg
久しぶりに広角使った。

川霧が良い感じです。
f0302208_14423343.jpg
苔がとっても魅力的です。

ミニ屋久島と言われているそうです。
f0302208_14444423.jpg
広がりのある場所へやって来ました。
f0302208_14455233.jpg
「尚仁沢」は、光芒が見れることで有名みたいです。

かなり期待して来たのですが、この天気では無理そうです。

連日の雨のせいでしょうか、たぶん水量も多いと思います。
f0302208_14474995.jpg
望遠で切り取ってみます。
f0302208_1449063.jpg
誰も居ない状態と思っていたら、二人ほどカメラマンが。

こんな朝早くでは観光客も来ないのでしょう。

また、霧が濃くなって来ました。

ん~、幻想的だ。
f0302208_1451769.jpg
光芒は見れなかったけれど、大満足。

動画も撮りました。


駐車場に戻って、朝食。
f0302208_1452510.jpg
次は、「スッカン沢」へ向かいます。

づづく。
[PR]
by TOS1963 | 2014-08-15 04:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
ブログのカメラやレンズの記事にアクセスが多いです。

LUMIX GM(DMC-GM1K)についてレビューしてみたいと思います。

私も購入前にいろいろ見ましたが、少しでも参考になればと思います。


購入して3か月、だんだん使うシーンも決まって来ました。

私の場合、風景がほとんどです。

Canon EOS 5D MarkⅢ がメインで、OLYMPUS O-MD E-M1がサブです。

撮影記録用に、コンデジ Sony Cyber-shot を使っていました。

結構入れ替えが激しいですが。。。^_^;

O-MDは微速度撮影をすることも多いので、夜明けの待ちの時など、

サブサブ機を、いじって遊びたくなります。

そこで、かなり価格が下がったのもあって

マイクロフォーサイスのOLYMPUS PEN Mini E-PM2を購入し

使っていました。

でも、高感度に弱い、水平器が無い、等々使ってみると不満が。。。

そこで、5月にGMに変更しました。


「驚きの小ささ」

初めて手にして思ったのは、「ちっちゃ」。(^.^)
f0302208_9552811.jpg

f0302208_10225270.jpg


幅 約98.5mm×高さ 約54.9mm×奥行 約30.4mm

デザイン、カメラ小僧の心をくすぐります。

マグネシウム素材が、本体前面とボディに採用されているということで、

安っぽいプラスチック感はありません。

ホールド感も、何気に合皮素材が良かったりします。

レンズは、「LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6」がセットになっています。
f0302208_9575218.jpg


私はほとんど使いませんが、フラッシュ内蔵。
f0302208_9573814.jpg


ダイヤル部にアルミ削り出し処理がされています。
f0302208_1023634.jpg


撮影モードは、私が使うのは、絞り優先(A)とインテリジェントモード(iA)です。

インテリジェントモードは、RAWで記録できるプラスモードに設定しています。

コンデジのように何も考えずスナップできます。

フォーカスモードレバーで、静止用、追尾と切り替えられます。

Fn1には、wifi機能を割り当てています。

ワンボタンで、スマホに接続。


「慣れれば、操作は簡単」

これだけ小さいと、ボタンやレバーも少なく、機能割り当ても出来ないので、

使い勝手悪いかなと思っていたのですが。。。

慣れてしまえば何でもないですね。

背面には、コントロールダイヤルがあって、これでほとんど問題なく使えます。
f0302208_10262112.jpg


AFは、コントロールボタン2回押しが必要。
f0302208_12563942.jpg

f0302208_1257280.jpg


ま、慣れれば。。。

タッチパネルも使えます。

AFのスピードは全く問題なし。

十分早いと思います。

私にとってありがたいのが水平器。
f0302208_12575647.jpg


RAW現像するとはいえ、傾き補正しなくて便利。


「ちっちゃいけど良く映る」

フルサイズまでとは言いませんが、解像度高く、良く映ります。
f0302208_1311498.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

f0302208_1423583.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

解像度と感度を両立し、センサー性能を向上させた「16M Live MOSセンサー」。

f0302208_1424921.jpg

レンズ:LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6

何気に、この標準セットのズームレンズの映りがイイです。

アルミ素材が採用され、軽量化されています。

本体と合わせても約273.5gの軽さ。


「高感度にも強い」

最高ISO25600での撮影が可能です。

ISOオートの上限を設定できます。
f0302208_1494438.jpg


私は6400にセット。

6400だとノイズは増えますが、私的にはOK。
f0302208_14104310.jpg

レンズ:LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6

夜のスナップに使えます。
f0302208_14114870.jpg

レンズ:LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6

それも標準ズームレンズで。


サイレントモードにすれば、結婚式などでも気軽に使えます。
f0302208_15244691.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

拡張ISO感度125で、明るいレンズにも対応できます。

もっともシャッター速度は、静止画:60~1/16,000 秒なので、

明るいレンズでSSオーバーで白飛なんてことはありません。

これも私にとってはとっても便利。


「手ぶれ補正も強力」

パナのレンズを使う場合は、レンズ手ぶれ補正を使うことになります。
f0302208_15313427.jpg

レンズ:LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6

望遠でも全く問題なし。

標準ズームはもちろん十分。

GMは、ボディ手ぶれ補正ではないので、

オリンパスのレンズは、手ぼれ補正なしになります。

でも、ISOオートにしておけば、ほとんど問題なく撮れます。
f0302208_15382669.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8


「いろんな機能が便利」

専用アプリ「Panasonic Image App」を使って

スマホとGMを、ワイヤレスで接続できます。

GMから写真を転送して、SNSにアップも簡単。

スマホからリモート撮影も出来ます。

ちょっと気持ち悪いですが、自分撮りも簡単。
f0302208_15375893.jpg


インターバル機能も付いています。
f0302208_1527794.jpg


微速度撮影も簡単に出来ます。

画質も十分です。

OM-D E-M1と微速度比較です。



動画は、フルハイビジョン画質で記録できます。

AVCHDで、1920×1080(FHD/60i:約17Mbps)、60i記録(センサー出力 60コマ/秒)。

AFもほとんど問題ないと思います。


「レンズの恩恵」

マイクロフォーサイズなので、いろいろなレンズを使えます。

マクロ的にも簡単撮影。
f0302208_154951.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

f0302208_1549339.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

レンズOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を付けて
f0302208_15493783.jpg


レンズOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を付けて
f0302208_15504357.jpg


レンズLUMIX G FISHEYE 8mm F3.5を付けて
f0302208_15515047.jpg


レンズLUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6を付けて
f0302208_15534626.jpg


普段は、ほとんど標準ズームレンズで使ってます。

この小ささで、いろいろなレンズを使えるのは機動力が発揮されます。

OM-Dと合わせてレンズ交換なしに使うことも出来ます。

超スーパーサブ機だと思います。
[PR]
by TOS1963 | 2014-08-03 18:00 | 機材メモ | Comments(0)