撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

DMC-GM1でテーブルフォト

結婚式へ出席してきました。

とても良い式でした。

あまりガツガツ写真を撮るわけにもいかないので、

GM1出動。

レンズは12-32mm、45mm/F1.8の2本。

GM1だと目立たず、みんながコンデジやスマホで撮っているのと変わらない感じです。

都内某Tホテル、やはり格式高い感じですね。

結婚式を終えて披露宴が始まりました。

もちろん、新郎新婦を中心に撮りました。

で、テーブルフォトも楽しもうと。。。

やはり料理は撮りたいですね。

f0302208_8305241.jpg
最初RAW現像したときはホワイトバランスをオートにしてみました。

黄色みが強くておいしそうに見えない。

写真仲間からのアドバイスで、

アップした写真はホワイトバランスを色温度で2500ぐらいでハイキー目にしてみました。

他の料理も同じぐらいの設定で。
f0302208_832122.jpg
f0302208_8321940.jpg
f0302208_8323162.jpg
ん~な感じでしょうか。

室内のホワイトバランスは難しいですね。

料理撮るのも下手だし、

ちょっとまた研究しよう。

テーブルの花はどうでしょうか。
f0302208_8334952.jpg
これまた一番どうしていいか分からない色「黄色」。

キャンドルを。
f0302208_835027.jpg
グラスを。
f0302208_8351842.jpg
GM1で気軽にテーブルフォトでした。
[PR]
by TOS1963 | 2014-05-31 16:30 | 撮影記録 | Comments(0)

雲のままに

天気が良さそうなので、富士を撮りに行くことに。

「新道峠」に行こうかなと考えていたのですが、

結局楽な「山中湖」へ。

午前2時に「平野の湖畔」に到着。

誰も居ません。

雲は流れていますが、星は何とか見えています。

月明かりがないので、肉眼では富士山が見えているのかよく分かりません。

カメラを向けてみると富士山は見えているようです。
f0302208_122122.jpg
早速、星撮りの微速度撮影をセッティング。

O-MD E-M1 に8mmのフィッシュアイを付けて。
f0302208_1224082.jpg
結構雲が流れて行きます。

コンポジットにするのは難しいかもしれません。
f0302208_1225989.jpg
5D MarkIIIで長時間露光してみます。
f0302208_1233656.jpg
コンポジットしたものを見ると、

やはりコンポジットした方がはっきりと星を捉えられるのですね。
f0302208_15164937.jpg
富士山とは反対側に三日月が。。。
f0302208_1254884.jpg
夜明けの時間が近づいて来ました。

蒼い世界が広がります。
f0302208_1242299.jpg
さ、焼けるでしょうか。

太陽が昇る空の方は微妙な感じです。

GM1で。
f0302208_1271281.jpg
不発でした。焼けませんでした。
f0302208_1244791.jpg
せっかくイイ雲があるのに、残念。
f0302208_125538.jpg
湖上を雲?が流れて行きます。
f0302208_125248.jpg
焼けてたら良い絵になったかも。。。

ま、こんなもんですね。

GM1でカメラのセッティングを。
f0302208_1261391.jpg
今回は、ニューマシンお試ということで。

E-M1で湖畔から。
f0302208_1264557.jpg
朝食~。
f0302208_812130.jpg
富士山見ながら、まったりお食事。

至福ですね。
f0302208_813897.jpg
湖畔でニューマシンを使ってリモート撮影したりして遊んでから帰ることに。

帰り道、「忍野」を経由してみました。
f0302208_821442.jpg
田んぼに映る富士山が美しいかったです。
f0302208_82180.jpg
微速度動画も作りました。

星景を微速度するのには長時間が必要ですね。

バッテリー持たないし、レンズ曇るし、難しいです。

[PR]
by TOS1963 | 2014-05-24 02:00 | 撮影旅行 | Comments(0)

コンポジットに挑戦

微速度撮影を試行錯誤しながらチャレンジしてきました。

折角撮った写真をコンポジットしてみようと思いました。

簡単フリーソフト「SiriusComp」を使って比較明合成してみます。

操作はいたって簡単。

①読みファイルの種類を選択します(デフォルト=JPEGファイル)
②保存先フォルダとファイル名を指定します。
③「画像ファイルを指定して比較明合成(比較暗合成)」ボタンをクリックして、
ファイルを複数選択。
終了。

試しに精進湖で撮った星景を使って作ってみました。
f0302208_23383175.jpg
ん~、なんだかとっても楽しい。

まずい、星撮りに夢中になりそう。

それって寝ない強行旅行になってしまう。

追加でもう一枚。
f0302208_0584110.jpg
もうネタ切れ。
[PR]
by TOS1963 | 2014-05-19 22:00 | 機材メモ | Comments(0)

新緑のお供に E-M1とGM1

新しいお供を連れて、新緑散歩へ。

いつもの公園お散歩コースです。

東京の住宅街を流れる「野川」。

あっという間に雑草が生い茂っていました。

今日はマイクロフォーサイズ2台だけを持って、

目的は新しいお供の試し撮りです。

川沿いを歩くと玉ボケが。
f0302208_11583919.jpg
OM-D E-M1で撮りました。

ん~、タイムラグが少なくなって、より一眼に近く快適になったように感じるのは先入観でしょうか。

カモさん、体を温めているのでしょうか。

気持ち良さそう。
f0302208_120089.jpg
新緑の木が目に飛び込んで来ます。
f0302208_1235064.jpg
これもE-M1。

木と空の青さが上手く一つに収まっている。

ダイナミックレンジも拡大している恩恵かな。

GM1でE-M1を撮ってあげましょう。
f0302208_1254635.jpg
じゃ、お返しにE-M1でGM1を。
f0302208_1265599.jpg
E-M1は、E-M5とほぼ同じ操作で撮れるので、すぐに慣れました。

GM1で撮る操作をいろいろ試します。

レンズは、セットレンズのLUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6

小さいけど風景撮るには全く問題ない解像。
f0302208_12175293.jpg
操作ボタンが少ないのでメニューでのアクションが入りますが、

慣れればそれほどな負荷ではないです。

自然観察園で新緑を堪能します。

GM1で。
f0302208_12235811.jpg
E-M1で。
f0302208_12245077.jpg
池に映り込んだ新緑が素敵です。
f0302208_12203490.jpg
ついついハイキーで遊びたくなります。
f0302208_1226883.jpg
新緑の大きな葉のリズム感が心地よい。
f0302208_12321212.jpg
Wifi機能も使ってみます。

E-M1もGM1も簡単です。

GM1からIphoneに転送して、LINEで写真仲間へ送りました。
f0302208_12345511.jpg
楽ちん。

いろいろ試してカメラのレビューはまた別にアップします。

自宅に帰ってインターバル撮影のテストをしました。

自宅ベランダからの雲の様子が題材です。

[PR]
by TOS1963 | 2014-05-17 09:00 | 撮影記録 | Comments(0)

LUMIX DMC-GM1 開封の儀

同じ日に開封の儀、第二弾。
LUMIX DMC-GM1。

実はこれで、マイクロフォーサイズ一新です。

OM-D E-M5 → OM-D E-M1
PEN Mini E-PM2 → DMC-GM1

開封の儀。
f0302208_23393613.jpg


ちぃっちゃい。
f0302208_23403153.jpg


色はシルバー。
ブラックと迷いましたが、シルバーのレンズが多いので。。。

この小ささが魅力です。
f0302208_23421919.jpg


軽量かつ剛性感を備えたマグネシウム素材を本体前面とボディに採用ということで、
プラスチックの安っぽさはありません。

小型ボディに内蔵できるよう、パンタグラフ式のフラッシュを新開発。
よくぞ、この小ささに入れたという感じです。
高級コンデジには負けない意気込みが感じられますね。

レンズキットでの販売で、
「LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6」が付属しています。
このレンズは、沈胴機構が採用されていて、沈胴時には約24mmまでコンパクトになります。
ポケットは無理でも、鞄には何の問題もなく入れられます。

解像度と感度を両立し、センサー性能を向上させた「16M Live MOSセンサー」を搭載。
GX7と同等画像ということで、画質も期待もしてしまいます。

最高ISO25600での撮影が可能ということで、
ボディ内手ぶれ補正がないのをカバーできると期待します。

拡張ISO感度を「ON」に設定するとISO125で撮影可能。
そして、なんとシャッタースピードは、静止画:60~1/16,000 秒。
F値が小さいレンズにも問題なく対応できます。

低照度の環境下でも正確なピントあわせができるローライトAFが強化されていて-4EVまで対応とのこと。
星明りの下などの暗所でも、ピント合わせに使えそうです。

MF時のピーキング機能も付いてます。

インターバル撮影機能も搭載されていて、撮影間隔は、1秒から99分59秒の間で、1秒刻みに任意に設定できます。

水平線や垂直線にまでこだわりたいときに活躍する水準器を本体に内蔵。
E-PM2でほしかった機能です。
私にとっては、何気にうれしい機能です。

Wifi機能もあります。
スマホにワイヤレスで接続できます。
時代的に標準になってきましたね。

動画についても、もちろんフルハイビジョンです。
オリの揺らぎがパナでなければ、サッカーの試合撮りに使えるかも知れない。



まずは試し撮りから。

ムサシノキスゲ。
f0302208_2047086.jpg


45mm/F1.8を付けて撮ってます。

何ら問題なしで良い感じです。

絞って新緑を。
f0302208_2048553.jpg


良い描写だと思います。

小物でボケを確認。
f0302208_2058372.jpg


高感度テスト。
f0302208_2118153.jpg


LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6でISO2500

まったく問題なし。

コンデジよりやっぱりよく撮れます。って当たり前か。^_^;



ちっちゃなボディに高機能おテンコ盛りです。

いろいろ使ってレビューしたいと思います。
[PR]
by TOS1963 | 2014-05-11 14:00 | 機材メモ | Comments(0)

OLYMPUS OM-D E-M1 開封の儀

OLYMPUS OM-D E-M1 開封の儀です。
発売から8ヶ月、値段も落ち着いて来たので、
1年半使ったE-M5を下取りにして。。。

開封。
f0302208_2101426.jpg



やっぱりこの時間は喜びの時ですね。
f0302208_2115590.jpg


ずっしりと重いです。

逆にこの重みがカメラを持つ喜びを味わえる感じです。
f0302208_2123626.jpg


色はブラックのみです。

レンズがほとんどシルバーなのですが、

ま、気にしない気にしない。

E-M5よりも一回り大きく、とっても持ちやすいです。
重くなったといっても5D MarkⅢよりはるかに軽いです。

まずはセッティング。
E-M5とほとんど同じなので、使い慣れたセッティングをそのまま使えます。
プラス機能割り当てられるボタン類が増えたので、より便利に出来ます。

E-M1への期待、
新開発の画像処理エンジン「TruePic Ⅶ」と「新16M Live MOSセンサー」。
ローパスレスでどんな絵が撮れるか楽しみです。

E-M5でも私が使うレベルだと特に問題なかったAFですが、
「81点のコントラストAF」と「37点像面位相差AF」
どのぐらいレベルが上がったのか楽しみです。

ミラーレスの利便性を最も得れるEVF。
フルサイズ一眼レフに匹敵する1.48倍(35mm判換算 0.74倍)の超大画面、236万ドットの超高精細電子ビューファインダーを内蔵。
技術は進歩しますね。

Wi-Fiを内蔵
すぐにLineで報告出来ますね。

1/8000秒高速メカニカルシャッター&ISO LOW(100相当)
実はこれが大きい、E-M5の1/4000だと明るいレンズを開放で使うと白飛びしていました。
NDフィルター付けたりして面倒でした。

露出補正範囲±5EV
E-M5の±3EVより充実して星撮りとかで便利かも。


インターバル撮影機能を搭載。
撮影枚数と間隔(1秒~24時間)を設定でき、最大100秒(999枚撮影時)のタイムラプス動画を作れます。
E-M5同様、働いてもらいます。

MFでの「フォーカスピーキング」
これまで無頓着でしたが、使う機会が増えそうです。

他にもワンプッシュデジタルテレコンやHDR撮影モードとHDR-BKTなどより使いやすくなっているようです。追々試してみたいと思います。


充電が出来たところで、試し撮りに近所の公園へ。

多摩の台地が古多摩川により浸食されて残った、標高約80メートルの丘陵の公園です。

ムサシノキスゲというここでしか見れないものだそうです。

普段はほとんど人もいないのですが、

「キスゲフェスティバル」も開催され多くの人が訪ねて来ていました。

キスゲが咲いています。
f0302208_213353.jpg


AFも快適、EVFも見やすいです。

新緑の木を。
f0302208_2143851.jpg


逆光にもストレスなく撮れます。

青い空を。
f0302208_216032.jpg


E-M5を使ってきたので、全くストレスなく使えます。

自宅に帰り、試し撮りを続けます。

小物でボケを確認。
f0302208_2165578.jpg


ん~、自分的には快適。

OM-Dの機動力を活かした撮影に出かけたい。

三男の誕生日も、試し撮りの場。^_^;
f0302208_219031.jpg


いろいろ撮って、レビューしたいと思います。
[PR]
by TOS1963 | 2014-05-11 13:00 | 機材メモ | Comments(0)

春の信州へ その2

本日宿泊の「ミニヨンホテル ドゥ ノエル」へ着きました。

ペンションです。

桜の木がある。
f0302208_15423422.jpg
まずは、自分にお疲れ様。
f0302208_15454934.jpg
すぐ近くで取れた山菜の天ぷらとお肉。
f0302208_15464758.jpg
夜撮るのはやめて、明日朝に向けて。。。Zzzzz。

午前4時起床。

「白馬大橋」に着きました。車が何台か止まってます。

やっぱり人気撮影スポットですね。

夜明け前、アルプスの山々が綺麗に見えています。
f0302208_1550308.jpg
アルプスの反対側、空が赤くなって来ました。
f0302208_1554061.jpg
微かに色付いて来てるのかな。
f0302208_15513727.jpg
思いっきり焼けたわけではないですが、それなりに。。。
f0302208_15531362.jpg
気が付くとカメラマンが橋の上に並んでます。

誰も行かない橋の下に行ってみました。

ここ、とっても良い感じだと思うのですが。
f0302208_15554333.jpg
さ、宿へ戻ろう。

おっと朝日に輝く桜発見。
f0302208_15564326.jpg
見事な桜がありました。
f0302208_15573183.jpg
宿に帰って朝食。

パンがおいしい。
f0302208_15582372.jpg
とっても良い宿でした。

老夫婦二人だけ営んでるみたいですが、

とっても親切、気配りの方たちでした。
f0302208_1603252.jpg
今日は、初めて「戸隠高原」へ行ってみようと思います。

「白馬」で最後の桜発見。

みごとな枝垂れ桜。
f0302208_16203727.jpg
「戸隠」へは山道を進んで行きます。

車はほとんどなく、快適なドライブ。

途中、良いものを発見。
f0302208_1622444.jpg
山の山頂に展望の場所がありました。

空の雲とアルプス、美しい。
f0302208_1623222.jpg
「戸隠」へ着きました。

訪ねてみたかった「鏡池」。

紅葉の時に人気なのがわかります。
f0302208_16244253.jpg
秋にはカメラが並ぶのが想像できる。

美しい映り込みです。
f0302208_16255920.jpg
「鏡池」から湿原の方へ歩きます。

本日のお目当ての水芭蕉の群生。
f0302208_162747.jpg
美しい。
f0302208_16275764.jpg
神社などを回ろうと車で移動しかけたのですが、

ここもGWで大渋滞。

とってもめげる。

お昼食べよう。

蕎麦屋さんも大渋滞。

やっと食べれた。
f0302208_16303170.jpg
天気が悪くなって来ました。

「戸隠」から「八島ケ原湿原」で星撮り、「車山」で朝富士撮りを考えていたのですが。。。

天気は下り坂。

渋滞の始まる前に帰ることにしました。

一度下がったモチベーションはなかなか上がらないお年頃です。
[PR]
by TOS1963 | 2014-05-03 16:00 | 撮影旅行 | Comments(0)

春の信州へ その1

GW後半、信州へ春を求めて向かいます。

午前1:00 自宅を出発、「高ボッチ」へ向かいます。

え、中央高速渋滞。

こんな夜中なのに、やっぱりGWは厳しい。

日の出は4時50分、間に合うか。。。

何とか夜明け20分前に「高ボッチ高原」へ着きました。

急げー。

おっと富士山霞んでる。
f0302208_1338175.jpg
私にとってはヒット率の低い「高ボッチ」、見えてるだけで良しとしよう。

東の空が焼けてきた。
f0302208_13384059.jpg
高原で見る夜明けは最高ですね。
f0302208_1332521.jpg
諏訪湖の方は、霞んだままです。
f0302208_1339955.jpg
富士山は霞んだ雲の中。
f0302208_13393844.jpg
春の空は、霞むことが多いですね。

美しい山々をと思ってカメラを向けると、いつもの邪魔者送電線が。。。

逆手にとってやる。
f0302208_1340842.jpg
「諏訪湖」とは反対側の「松本」の方、山々が美しい。
f0302208_13422161.jpg
高原の木々、朝日の中に美しい姿が魅力的だった。

樹氷のシーン、見てみたいな。
f0302208_1344545.jpg
さ、朝食にしよう。

第2駐車場で。
f0302208_13445064.jpg
山々を見ながらの朝食、とってもおいしい。

メニューはもちろん。
f0302208_13452875.jpg
仮眠してから、今夜宿泊予定の「白馬」まで、

ちょこちょこ見ながら北上したいと思います。

まずは、一度訪ねてみたかった「大王わさび農場」へ。

安曇野の春は、水田に水が入り、とってもイイですね。
f0302208_1424694.jpg
観光客でいっぱいだけど、青々としたわさびの葉が美しい良い風景。
f0302208_1442478.jpg
作業をする人たちの風景がいいな~。
f0302208_1452413.jpg
水車小屋もあるんですね。

新緑の木と絡めて。。。
f0302208_146894.jpg
次は、「大峰高原」へ。

秋の紅葉の七色大カエデが有名です。

下見的に訪ねてみようと思います。

お、大きな桜の木。
f0302208_1416378.jpg
七色カエデの木は、新緑もまだまだのようです。

桜を背景に、その姿は絵になる。
f0302208_14181917.jpg
木の下は、春の装い。
f0302208_14245312.jpg
桜を楽しめる場所だった、予想外。

信州の春を満喫してる感じです。
f0302208_14272133.jpg
春色が楽しい。
f0302208_1428384.jpg
次は、桜を求めて「木崎湖」、「青木湖」へ。

「木崎湖」は、桜はあったけど、絵になる場所が見つからない。

「青木湖」の近くにある「中綱湖」によい桜の場所がありました。
f0302208_14352924.jpg
湖に映る桜も綺麗。
f0302208_14361539.jpg
なんで桜の木の下で釣りしてるんだよ。

みんな写真撮ってるのに。。。

PCで消しました。あしからず。

山側にも桜が。

ちょっと違うものと絡めて。
f0302208_1438587.jpg
目に飛び込んできた山の斜面の桜。
f0302208_15235020.jpg
足元にも春が。。。
f0302208_1525911.jpg
「青木湖畔」の道路を行くと、良い桜の木がありました。

この木、「信州絶景大全」に載っていた気がする。
f0302208_15273030.jpg
今日の宿泊場所、「白馬」を目指します。

お腹空いた。

お昼食べてなかった。

道の駅で、信州といえばお蕎麦でしょう。
f0302208_15291631.jpg
「白馬」って、何処で写真とればいいのか、いまいちよくわからない。

以前来たことのある「大出の吊橋」へ。

桜が咲いてる。

曇って来た、風が強くなって来た。

桜吹雪~。
f0302208_1536178.jpg
明日朝撮影予定の「白馬大橋」を下見して、宿へ向かいます。

眠くなって来た。

つづく。
[PR]
by TOS1963 | 2014-05-03 04:30 | 撮影旅行 | Comments(0)