撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:撮影旅行( 114 )

赤城山のツツジ

覚満淵での撮影を終えて、赤城山ビジターセンターで朝食。
f0302208_16581207.jpg
食事を終えて7時半、2時間ほど寝ることにしました。

9時半、目覚めると駐車場は車でいっぱい。

ハイキングの人たちがここを拠点にするみたいです。

小沼に行ってみることにしました。

小沼の駐車場もいっぱい。

断念して、白樺牧場へ。

赤城山総合観光案内所からの風景。
f0302208_16582548.jpg
ツツジに覆われた高原になっていました。

ちょっと曇って来たのが残念。

歩いて見晴山まで往復します。
f0302208_16580194.jpg
見事な大木とツツジ。
f0302208_16580259.jpg
山ツツジも可憐です。

ツツジの種類によって、色あせているものもあるようです。
f0302208_16582758.jpg
高原に広がるツツジは、やはり撮りにくい。

白樺林のツツジの風景が、やはりいいかな。

赤城山でのツツジ撮りを終えて、食事を取るために前橋方面へ。
f0302208_16581363.jpg
お腹いっぱい、さあこれからどうしますか。

蛍を撮れる場所を色々探しました。

前橋で一箇所へ行ってみたのですが、とても撮影できるような場所ではありませんでした。

今回は、結局蛍撮りは諦めて解散することになりました。

私は、帰宅の途へ。

[PR]
by TOS1963 | 2017-06-17 07:00 | 撮影旅行 | Comments(0)

朝靄に包まれて

週末、赤城山へツツジを撮りに行くことにしました。

TAKATENさん、チビコさんとプチオフ会。

3時に赤城山ビジターセンターに到着。

ん〜、霧も出そうになく、普通に終わりそうな予感です。
f0302208_15161408.jpg
日の出は4時20分ごろですが、覚満淵は山に囲まれていて、

日が入るのはだいぶ遅いかな。

お、霧が出て来ました。
f0302208_15161615.jpg
素晴らしい。

幻想的なシーンが撮れます。

空も明るくなって来ました。
f0302208_15163718.jpg
ポイントは一箇所なので、目の前に陣取って撮り続けます。
f0302208_15163880.jpg
カメラマンも多くなって来ました。

みんな、ポイントの木を狙ってます。

気がつくと、木道はカメラマンがびっしり並んでます。

太陽の光が、池に入るのをみんな待ってます。

やっと来た。
f0302208_15161713.jpg
すごい。

あまり期待していなかったので、感動です。

撮影を終えて、覚満淵を見下ろす赤城山山頂へ。
f0302208_15163906.jpg
車は止められるのですが、トイレがないので、

赤城山ビジターセンターへ戻って、朝食にします。

[PR]
by TOS1963 | 2017-06-17 03:00 | 撮影旅行 | Comments(0)

2017GWその3 残雪の渋峠

志賀高原の道の駅「北信州やまのうち」へ。

夕方に到着、渋峠には明日の朝行くことにして、

ここで車中泊。

写真仲間のチビコさんとプチ宴会。
f0302208_12033792.jpg
まだ、明るいですけど。。。

春スキー客もここで車中泊する人が多いみたいです。

駐車場はいっぱい。
f0302208_12045544.jpg
夜も寒くない。

3時に渋峠に到着。

なんとか車止められた。

早速、星撮り。
f0302208_12055700.jpg
天の川が見えます。

東の空に太陽が昇りそうです。
f0302208_13183719.jpg
三脚置いたところは、芳ケ平を望むところなので、

手持ちで撮影。
f0302208_13162471.jpg
とってもいい感じです。
f0302208_13165422.jpg
焼けるかな、ん〜焼けなかった。

芳ケ平に光が入ります。
f0302208_13172476.jpg
残雪の箱庭です。

斜光がいい感じです。
f0302208_13175431.jpg
ま、晴れてよかった。

木戸池まで行って朝食。
f0302208_13235255.jpg
木戸池は、凍ってます。
f0302208_13242529.jpg
雪の回廊を通るために、湯釜へ。

回廊は見れたのですが、白根山はガスで駐停車禁止になってました。

チビコさんとは、ここで別れて、美ヶ原に行こうかと思ったのですが、

お疲れモードで帰宅の途に。

草津も、GWで人がいっぱい、車も多い。

関越で昼食とって帰りました。
f0302208_13285432.jpg

追記、微速度完成しました。





[PR]
by TOS1963 | 2017-05-03 18:00 | 撮影旅行 | Comments(0)
小布施PAから30分ほどで、道の駅「花の駅・千曲川」に到着。

ここに車を止めて、菜の花畑へ。

広大な菜の花畑。
f0302208_08284909.jpg
絵になる場所もいっぱいだ。
f0302208_08281157.jpg
菜の花畑を千曲川の方へ進んで行きます。

人出は多いかもしれませんが、広大なのでゆったり撮れます。
f0302208_08295551.jpg
川辺に行くと、対岸への渡し船がありました。

川向こうは、飯山菜の花公園。

往復1,000円とちょっと高めですが乗ってみます。
f0302208_08303233.jpg
公園は、高台にあるので、千曲川がよく見えます。
f0302208_08370008.jpg
桜も残っている。
f0302208_08364231.jpg
桜と菜の花、いい感じです。

公園では、菜の花祭りが行われていました。
f0302208_08372151.jpg
鯉のぼりが。
f0302208_08373608.jpg
撮るのが楽しい。
f0302208_08374900.jpg
色鮮やかな春の風景が。
f0302208_08380857.jpg
渡し船に乗って道の駅へ戻ります。

道路沿いの菜の花、ドライブが楽しくなります。
f0302208_08382655.jpg
明日は、渋峠の夜明けを狙うので、志賀高原へ向かいます。

追記、飯山の動画作成しました。


[PR]
by TOS1963 | 2017-05-03 13:30 | 撮影旅行 | Comments(0)
ゴールデンウィークの撮影旅行へ。

5連休の始まりは、前日の夜中から高速渋滞が始まっているとの情報。

2時に甘利山で写真仲間のJemさんとチビコさんと待ち合わせ、早めに出よう。

いつもの倍の時間が掛かって到着。

あれ、混んでない。

早速、撮影スポットへ。

富士山は、頭だけ出している感じです。

天の川が見えてる。
f0302208_18411072.jpg
明るくなってきました。
f0302208_18363559.jpg
良い感じです。

期待できそう。
f0302208_18371477.jpg
美しいです。いい感じの見え方。

夜明けは、4時50分ごろ、あまり焼けない感じ。
f0302208_18380019.jpg
後ろの雲が淡く色づいている。

FUJIで撮ると色がはっきりと。
f0302208_18412130.jpg
夜明けです。
f0302208_18385981.jpg
富士と絡めて。
f0302208_18392717.jpg
太陽が昇って少しすると淡い世界が現れます。
f0302208_18413853.jpg
いやいや、苦労して来た甲斐がありました。

満足の朝になりました。

駐車場に戻って朝食。
f0302208_18403676.jpg
あったまる。
f0302208_18404876.jpg
仮眠してから長野へ向かうことにしました。

諏訪湖SAを出たところから事故渋滞。
f0302208_07234521.jpg
5台の玉突きです。ここを抜けるのに1時間近く掛かってしまった。

やっとの想いで小布施PAに着きました。

昼食タイム。
f0302208_07261170.jpg
飯山の菜の花畑は、直ぐそこです。

つづく。

追記、微速度完成しました。


[PR]
by TOS1963 | 2017-05-03 02:00 | 撮影旅行 | Comments(0)

春色の夜明け

3月の3連休、土曜日の午後から活動です。

前回の山中湖と同様に、夕景、星景、朝撮りを一箇所で粘ります。

今回は、精進湖。

午後4時前に着きました。

3連休なので、キャンプ客がいっぱい。

湖畔ギリギリでテント張るのは。。。

生憎の曇り空。
f0302208_10045954.jpg
富士山は見えているのですが、残念な夕景になりそうです。

しばらくすると写真仲間のチビコさんが合流。

プチオフ会になりました。

山中湖側は雲に覆われているようです。

日没まで、期待しないで待ちます。
f0302208_10045508.jpg
風が無くなって、逆さ富士が現れました。

でも、色のないどんよりとした夕景で終わってしまいました。

プチ宴会して、星撮りまで過ごします。
f0302208_10050059.jpg
夜9時過ぎ、星が見えてきました。
f0302208_10045648.jpg
逆さ富士だし、バルブなどして楽しみました。

明日の朝は、4時撮影スタート。

Zzz…

寒さで目が覚めた。
f0302208_10050286.jpg
3℃か、それほど寒くなさそう。

月が残っていて、結構明るいです。
f0302208_10045782.jpg
雲がなく、ドラマチックな朝にはなりそうにない感じです。

夜明け前、染まって来ました。

春霞に色がついた感じです。
f0302208_11420736.jpg
結構、いい感じです。
f0302208_10050478.jpg
キャンプ客を避けてか、カメラマンはそう多くはありません。

のんびり朝撮りします。

日の出は、5時50分、足元は冷え込んで来ました。

おお、美しい。
f0302208_11443169.jpg
春色が広がりました。

富士山の焼けはないですが、これはこれで良い感じです。
f0302208_10045875.jpg
太陽が昇りました。

この時期だと、富士山からはかなり離れます。

撮影、終了。

車が。
f0302208_10050530.jpg
いつもの朝食。
f0302208_10050625.jpg
夕方は、ダメでしたが、星撮り、夜明け撮りは良かった。

のんびり、まったりしてから帰宅の途へ。

追記、微速度完成しました。




[PR]
by TOS1963 | 2017-03-18 15:30 | 撮影旅行 | Comments(2)

冬空と夜明け

1月の三連休、天気が良いのは初日だけとの予報から、

久しぶりに「精進湖」を訪ねることにしました。

3時半にTAKATENさんと待ち合わせ。

湖畔に着くと、ロープが張ってある。

車で湖ギリギリまで行くことが出来ないようになっていました。

後で分かったのですが、カメラマンのマナー違反があったみたいです。

マイナス5℃、やっぱり冷え込んでる。
f0302208_17201194.jpg
早速、星撮りを。
f0302208_17235271.jpg
風が無いので、思ったほど寒くは無い。

微速度をセットして、車で待機。

夜明けは、6時50分ごろ、5時を過ぎると車が増えてきました。

少し明るくなってきたので、夜明けの撮影スタート。
f0302208_17300773.jpg
ぴーかんです。

星撮りには良かったけど、夜明けのシーンはちょっと物足りない。
f0302208_17295022.jpg
風が無いので、逆さ富士が綺麗に見えます。

シンメトリーでばかり撮ってしまう。

夜明けです。
f0302208_17320068.jpg

太陽が昇る瞬間が美しい。

劇混みではありませんが、カメラマンで一杯です。
f0302208_17330373.jpg

太陽が昇るにつれて、けあらしが出てきました。
f0302208_17342207.jpg

けあらしの中の釣り船、鴨が絵になります。
f0302208_17351473.jpg
富士山以外の撮るものを探します。

ここは広い湖畔なので、影が面白い。
f0302208_17360000.jpg
太陽が高くなって富士山が撮れなくなってきたので、撮影終了。

いつものように湖畔で朝食。
f0302208_17360256.jpg
TAKATENさんと解散して、自宅へ向かいます。

微速度も撮れたし、良かった良かった。


微速度撮影。


[PR]
by TOS1963 | 2017-01-07 03:00 | 撮影旅行 | Comments(2)

冬物語その2

「高ボッチ高原」へ到着。

富士山は、見えていません。
f0302208_14255803.jpg
雲に隠れてる。

夕景はダメそうです。

数台、車が停まってる。

連休だから混むかもしれません。

撮影ポイントの近く車を停めて、チビコさんとプチ宴会。

夜中、起きてみます。

ホワイトアウト、霧で山全体が覆われてる。

でも、この霧で霧氷に期待。

3時、お、星が見えてる。
f0302208_14270488.jpg
車脇からちょっと撮影。

寒っ。

4時前、みんな動き始めました。

私たちも撮影スポットへ。

ん〜、富士山は見えない。

霧が晴れて来た。
f0302208_14315227.jpg
富士山が見えて来ました。

夜明け前、色付いて来ました。
f0302208_14325143.jpg
ちょっと雲海になりそうな雲も流れて来ました。

ドラマチックな予感。

東の方から焼けた雲が流れて来た。
f0302208_14400126.jpg
どう撮るか戸惑いながらも、シャッターを押し続けます。

明るくなって来ると手前のススキが霧氷して居るのが見えて来ました。

絡めて撮らなきゃ。
f0302208_14413460.jpg
素晴らしい冬の風景です。

太陽が昇りました
f0302208_14431206.jpg
カメラに霜が。。。

高ボッチの周りの山々もドラマチックな風景が展開してます。
f0302208_14491451.jpg
霧氷の世界が広がってる。
f0302208_14500309.jpg
駐車場から歩いて霧氷を撮りに行きます。
f0302208_14505948.jpg
美しいです。
f0302208_14512901.jpg
逆光でキラキラが。。。

なんて撮るのが楽しいことか。

駐車場に戻って、朝食を取ることに。
f0302208_14532261.jpg
やっぱり寒い。

さすがに「どん兵衛」連続はやめにしました。
f0302208_14540331.jpg
体、あったまる。

撮影も満足して、至福の時かも。

車に結晶が。
f0302208_14564214.jpg
チビコさんとは、ここで解散して自宅へ帰ります。


[PR]
by TOS1963 | 2016-12-23 15:00 | 撮影旅行 | Comments(0)

冬物語その1

12月の三連休、富士山を撮りたくて出かけることにしました。

月夜なので、星撮りはダメだと思ったので、

いつもよりゆっくり出発。

「山中湖」へ5時前に到着。
f0302208_13304521.jpg
冬の山中湖なのに、13℃ってメチャクチャ暖かい。

ほとんど人が居ません。

月は富士山とは逆方向なので、星撮りをしてみることに。
f0302208_13321010.jpg
冬の空、美しいです。

夜明けは、6時40分ごろ。

時間があるので、長時間露光もしてみます。
f0302208_13333661.jpg
楽しい。

チビコさん、合流。

約束はしていなかったのですが、居るだろうと思って来たみたいです。

一緒に夜明けの富士山を狙います。
f0302208_13361297.jpg
焼けそうな気配です。

来た〜。
f0302208_13370748.jpg
雲はないけど、焼けが見えただけでも良しとしよう。

水溜りのような所に逆さ富士でテンション上げます。

次に行く場所を相談しながら朝食。
f0302208_13374749.jpg
人に慣れてしまった白鳥が近づいて来ます。
f0302208_13390980.jpg
某国の観光客が餌あげるから。。。

山中湖畔も暖かい。

凍る気配がありません。

少しだけ仮眠してから、朝霧へ向かうことにしました。

「朝霧高原」に着くと、富士山が隠れてる。

朝霧からの富士山は諦めて「陣馬の滝」へ。
f0302208_13440436.jpg
ここは水を汲みに来る人以外は、観光客もほとんど居ません。
f0302208_13452011.jpg
久しぶりの滝、やっぱり撮るのは難しい。

富士山からの水、長い年月をかけて湧き出るとのこと。
f0302208_13455642.jpg
折角なので、私も水をもらいます。
f0302208_13473096.jpg
ペットボトルは、南アルプスだけど。。。

「陣馬の滝」を後にして、昼食を取りに朝霧高原の道の駅へ。

昼食。
f0302208_13503712.jpg
定番のとんかつ定食。

次は、「高ボッチ高原」を目指します。


[PR]
by TOS1963 | 2016-12-23 05:00 | 撮影旅行 | Comments(0)

久しぶりに訪ねて(2)

「大観山」から「芦ノ湖」へ山道を下りて行きます。

お、スリップ。

結構、ところどころ路面凍結してる。

スタッドレス履いてるけど、凍結は危険です。

霧の「芦ノ湖」を通って「大涌谷」へ。

実は、訪ねたことがないので、ちょっと寄ろうと思いました。

駐車場前で渋滞している。

「大涌谷」は、箱根火山に多数ある噴気地帯で最大のものです。

観光用に噴煙や硫黄が見れるようになっています。

おお、太陽の光を浴びて、ドラマチックな感じ。
f0302208_20454932.jpg
観光客、いっぱい。

外国人も多い。
f0302208_20474285.jpg
やはり独特な感じですね。
f0302208_20465197.jpg
ちなみに、お土産には黒たまごを買って帰りました。
f0302208_20481778.jpg
中は、普通のゆで卵なんですね。

「大涌谷」を後にして、山中湖へ。

神奈川県と山梨県の境にある「三国山」付近へ。

パノラマ台より上から富士山と山中湖撮れないのかなと思い、以前から気になっていました。

道路脇からの小さな駐車場から「明神山」へ向かう道がありました。

トレッキングの団体さんが登って行きます。

ちょっと行くとススキの高原。
f0302208_20495049.jpg
お、ここから富士山が見える。
f0302208_20543881.jpg
ススキと富士山の組み合わせが、イイ感じです。
f0302208_20552891.jpg
道から5分、ここはイイかも。

ここもマイ撮影スポットに加えよう。

お腹空いたので、さらに登って行くのは、今度にしよう。

湖畔に行って、お昼食べよう。
f0302208_20573232.jpg
富士山見ながら、いつもの。
f0302208_20581491.jpg
お、逆さ富士発見。
f0302208_20583755.jpg
ちょっと湖畔で撮影。
f0302208_20592625.jpg
富士山を見ながら、まったり。
f0302208_21000325.jpg
とっても幸せを感じます。

さ、家へ帰ろう。


[PR]
by TOS1963 | 2016-12-03 09:00 | 撮影旅行 | Comments(0)