機材メモ

FUJIFILM X-T2 レビュー

FUJIFILM X-T2を使い始めて約3ヶ月経ちました。

レビューをしてみたいと思います。

FUJIFILM Xシリーズを使い出してからの新製品。

我慢できなくて購入となりました。

X-T1からのスペックアップに期待大でした。
f0302208_17232085.jpg
大きさは、X-T1とほぼ同じ、132.5 × 91.8 × 49.2。

ダイヤルが大きくなって操作しやすくなりました。
f0302208_19493994.jpg
SDカードを2枚挿入できるデュアルカードスロットが採用されました。

「連続記録」、「バックアップ」、RAWとJPEGの「振り分け」や「動画保存先」の

4種の記録方式が選択できます。

1,630万画素のX-Trans CMOS IIから2,430万画素のX-Trans™ CMOS IIIへ。
f0302208_18001118.jpg
画素数が上がったことで、解像度は確実に向上していると思うのですが、

これまでの1,630万画素でも十分な解像度があり、目に見えて良くなっているとは

感じ難いのが正直なところです。

トリミングする場合などは、恩恵があるかもしれません。

今回のX-T2の売りは、フォーカスシステムになってます。

像面位相差エリアは従来モデル面積比で約230%、測距点は49点から91点(最大325点)に拡大されました。
f0302208_19495809.jpg
ジョイスティックを使って、フォーカスを簡単に移動させられます。

もちろん、リアダイアルを押せば、拡大表示でピントを追い込めます。
f0302208_00265217.jpg
そして、動体追従性能が上がっています。

これまで、ミラーレスはスポーツなど動体には弱いと言われてきました。

最速8コマ/秒(連続記録枚数:JPEG 73枚 RAW:26枚になっています。

これまでのミラーレスは、連写の時ブラックアウトの時間が長くて、

動体を見失ってました。

連写性能も向上しており、ブラックアウト時間は従来比半分以下に短縮とのこと、

サッカーの試合を撮ってみましたが、遅いレンズでも対応できました。

私的には、これまではサッカーの試合を撮っていたのですが、もう撮らなくなってしまったので、

それほど使わないですが、お子さんを撮られる方は、メリットではと思います。

X-T1では、動画を撮ろうと思わなかったのですが、

X-T2では、4K動画撮影が出来るようになりました。
f0302208_20594870.jpg
Macのパソコンに替えて、5Kが見れるようになったこともあり、

積極的に使いたいと思います。



AFの迷いも少なく撮れます。

ただし、高感度での撮影は、ノイズが多くなり厳しいです。

微速度撮影も出来ます。
f0302208_00285292.jpg
0.77倍、高精細の「リアルタイムビューファインダー」

236万ドットの高精細有機EL電子ビューファインダは、とっても見やすいです。

防塵・防滴・耐低温仕様、冬景色を撮るのに強い味方です。

3方向チルト式液晶が採用されています。

縦位置でのアンダーからの撮影、滅多にしないけど、便利は便利ですね。

従来の機能ももちろん搭載されています。

ISOオートでの設定を3つ出来ます。
f0302208_00234726.jpg
ワイヤレス通信もボタン一つで簡単。
f0302208_00233891.jpg
フィルムシミュレーションモードは、15モードになりました。

PROVIA/スタンダード、Velvia/ビビッド、ASTIA/ソフト、クラシッククローム、PRO Neg.Hi、PRO Neg.Std、
モノクロ、モノクロ+Yeフィルター、モノクロ+Rフィルター、モノクロ+Gフィルター、セピア、
ACROS、ACROS+Yeフィルター、ACROS+Rフィルター、ACROS+Gフィルター

個人的には、Velvia/ビビッドも彩度が落ち着いた良い感じになりました。
f0302208_00344639.jpg
新たにACROSが加わりました。
f0302208_00344023.jpg
フィルムで撮影したかのようなナチュラルな”粒状感”とのことです。

良い感じのモノクロ写真が撮れます。

高感度に強いのもXシリースの特徴。
f0302208_00350519.jpg
画素数が増えてもノイズ少ない絵が撮れると感じます。
f0302208_00343312.jpg
そして、FUJIFILMの特徴である素晴らしい色

ダイナミックレンジも風景を撮る者としてメリットを感じます。
f0302208_00345824.jpg
手振れ補正は、レンズだけですのでシャッタスピードを上げての

対応が必要ですが、高感度対応と組み合わせれば何ら問題ないと感じます。

f0302208_00351052.jpg
マクロでも同様です。
f0302208_00345112.jpg
充電式バッテリーNP-W126S(リチウムイオンタイプ)、X-T1やX-T10と共用できるのは、

何気に嬉しい。

X-T1から画期的に画質がよくなってるという訳ではないですが、

操作性が大きく改善されています。

ミラーレスだからといった点は、無くなってきているのを感じます。

FUJIFILMのフラグシップとしてよく出来たカメラだと思います。


[PR]
Commented by jem at 2017-01-08 22:31 x
ワタシはコレ無しではもう生きていけません( ̄▽ ̄)
Commented by TOS1963 at 2017-01-09 13:30
jemさんのようにレンズがどんどん欲しくなりますね。C社とかぶるので我慢の日々です。(^^;;
Commented by いさお at 2017-01-28 15:33 x
はじめまして、xt-2などで検索してたどり着きました。私見をお伺いしたいのですが、xt-1からの買い増しは、t-2、t-10いずれがオススメでしょうか?t-2を買ってメインにするか、完全になくなる前にt-10を買ってサブにするか。世代的にはt-1はt-10と世代が同じなので使いやすいのか、逆に物足りないのか、悩んでいます。主様は全てお持ちですか?
Commented by TOS1963 at 2017-02-05 13:01
> いさおさんいさお様 こんばんは。
実は、X-T10も使っておりました。譲ったので、XーT2+XーT1の二台持ちです。やはり、何を目的にするかで違うように思います。XーT1とT10で、概ねの操作はそれほど違わないように感じるのですが、ファインダーはXーT1の方が見やすいです。ご存知のように画質は、同じセンサーなので変わりません。防塵防滴は、使う場面がなければ意味を持たないように感じます。
私の場合、XーT1を微速度撮影に使い、その間XーT2で色々撮っています。動的なものを撮ったり、動画を楽しんだりするのであればXーT2の方が違いがあると感じます。支離滅裂なコメントになり申し訳ありません。
by TOS1963 | 2017-01-04 00:00 | 機材メモ | Comments(4)

撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31