機材メモ

FUJIFILM X-T10 レビュー 撮ることが楽しくなるカメラ

FUJIFILM X-T10を1ヶ月使ってみてのレビュー。

デジタルカメラレンズキット「FUJIFILM X-T10/XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」を購入。


<大きさ>

大きさは、(幅)118.4mm×(高さ)82.8mm×(奥行き)40.8mm

重さは、約381g(付属バッテリー、メモリーカード含む)

iPhone6sより小さい。
f0302208_14362782.jpg

軽いし、サブカメラとして使うには、とっても良いサイズ。

また、街スナップする時もかまえた形にならずに良いのではと思います。
f0302208_14422972.jpg

<操作>

上部には、露出補正ダイヤル、シャッタースピードダイヤル、ドライブダイヤルが、

正面、側面には、フロントコマンドダイヤル、リアコマンドダイヤルがあり、

基本は、ダイヤルで操作する形になっています。

ファンクションボタンも多くあり、割り当てを変更することも可能です。

自分の撮影スタイルにカスタマイズすることが、簡単に出来ます。

f0302208_21055295.jpg

FUJIFILMのカメラの場合、シャッタースピードダイヤルとレンズの絞り設定を組み合わせになります。

基本的に、絞り優先で撮影するので、シャッタースピードダイヤルはA(オート)に設定のまま。

露出補正が、ダイヤルで操作出来て、使いやすいです。

ただ、露出補正ダイヤルを回す時に、録画ボタンを押してしまうことがありました。

動画は滅多に使わないので、ボタンを割り当て無しの設定にしました。

もうひとつ、リアダイヤルですが、押すと拡大表示になるのですが、

フォーカスキーピングを表示出来ない時がありました。

操作方法が悪いのかもしれません。


X-T1との違いのひとつ、内蔵フラッシュが付いています。

ボディ天面中央部にフラッシュが内蔵されていて、ポップアップ式になっています。

ま、ほとんど使いませんが。


初心者用の機能で、レバーひとつでオートに切替が出来るようになっています。

コンデジのように何も考えず撮れます。

記録用に便利かなと思ったのですが、RAWを保存ファイルのベースにしているので、

Jpegのみなのは、私にとってはちょっと使えない。


<ファインダー>

電子ビューファインダーは、236万ドットの有機ELファインダー。

とっても見やすいです。

水平器が表示できるのが嬉しい。

そして、拡大表示&マニュアル

細かいピント合わせが可能です。
f0302208_21050462.jpg

<モニター>

3.0インチ92万ドットの液晶モニターを搭載され、上下可動になってます。
f0302208_18182737.jpg

やはり、ローアングル撮影には便利。


<AF>

オートフォーカスは、速さに優れる位相差AFと暗いシーンに強いコントラストAFのインテリジェントハイブリッドAF。

最速0.06秒のオートフォーカスを実現しているとのこと、

使っていてAFが遅いと感じたことはありません。

普通に、風景、スナップを撮るのであれば、十分な速さだと思います。

かなり暗い部屋の中ではAFに迷うこともありましたが、

普通に撮っている分にはほとんど迷うこともありません。

8.0コマ/秒のAF追従連写が可能となっていますが、

連写時の書き込み枚数制限などから

私的には、今のところミラーレスで連写を使おうとは思わないです。

連写の操作性は、一眼レフの方が高いと思います。


人間の瞳を自動で検出する「瞳AF」が搭載されています。


<画質>

FUJIFILMの大きな特徴が色です。

「フィルムシミュレーション」は、フィルムを選ぶ感覚で豊かな色再現性と階調表現を楽しめるモードです。
f0302208_18202327.jpg

PROVIA/スタンダード
f0302208_21020277.jpg

クラッシククローム

高い解像度の写真が撮れます。
f0302208_18221900.jpg

ローパスレス構造と富士フイルム独自のカラーフィルター配列をもつX-Trans CMOSII センサーにより、

ワンランク大きいセンサーサイズに匹敵する高解像力を実現とのこと。

絞り込んだ時の回折現象を解消する「点像復元処理」が搭載されています。
f0302208_11502198.jpg

これも高い解像度に貢献しているかもしれません。

私は基本、ONにしています。

質感がしっかり描写されます。
f0302208_21030887.jpg

<高感度>

拡張感度ISO51200まで設定されています。

ASP-CサイズのセンサーとでISO6400でも許容範囲です。
f0302208_18254788.jpg

ミラーレスとしてはアドバンテージだと思います。

星撮りもOKです。
f0302208_18344718.jpg

ISOオートの設定も詳細に出来ます。
f0302208_18341583.jpg

<シャッタースピード>

メカニカルシャッターは、1/4000秒までですが、

電子シャッターが使えるため、明るいシーンでも開放で使えます。

ボケ好きの私には大きい。

ただ、電子シャッターだと動き物の場合、画像の流れ、歪みが出るみたいです。

撮り鉄ではないので、ほとんど影響なし。


<機能>

「パノラマ」

ガイドに従ってカメラを縦や横に振るだけで、最大180°、大迫力のパノラマ撮影が行えます。

パノラマサイズは180°と120°の2種から選択可能で、撮影後はカメラが自動でパノラマ写真へと合成します。
f0302208_18315297.jpg
RAWデータではなく、Jpegのみ。


「多重露出」

1コマに2回のシャッターを切り、写真を重ねる多重露出撮影が出来ます。
f0302208_12375033.jpg

1コマ目の結果を表示させ重なり具合を見ながら2コマ目の撮影が行えるので、

フィルムシミュレーションの効果も適用されます。

これも、RAWデータではなく、Jpegのみ。


「アドバンストフィルター」

8種類のフィルターを搭載されています。

レトロな雰囲気の「トイカメラ」、ミニチュア模型のような効果の「ミニチュア」、コントラストと彩度が強調される「ポップカラー」など。

私が面白いと思って使うのは、「ミニチュア」と「ダイナミックトーン」
f0302208_12383168.jpg


f0302208_12390182.jpg


「ブラケティング」

露出だけではなく、ISO感度、ダイナミックレンジ、フィルムシミュレーション、ホワイトバランスの5つのオートブラケティング撮影が可能です。


「インターバル撮影」

インターバル撮影撮影間隔・回数・開始時刻を設定可能。

1秒~24時間、1枚~999枚の範囲で設定できます。
f0302208_21041438.jpg
毎度のテストパターン。



「リモート」

無料の専用アプリ「FUJIFILM Camera Remote」で

すぐにスマートフォンやタブレット端末へ画像を送信できます。

Wi-Fiは、今では当たり前の機能となってますね。


「カメラ内現像」

撮影したRAWデータをカメラ内で現像する機能を搭載。

パソコンを使わずに、移動中でもRAW現像が可能です。

露出補正やホワイトバランス、画質調整など、カメラの設定値を使って簡単に現像できるほか、

フィルムシミュレーションモードでの現像も可能です


<現像>

FUJIFILM Xシリーズ専用RAW現像ソフトがあります。

多機能と使いやすさで定評のあるSILKYPIのFUJIFILM Xシリーズ専用バージョンです。
f0302208_18325246.jpg

RAW現像時にフィルムシュミレーションが選べます。

もちろん、LIHGTROOMでもRAW現像出来て、しかも、フィルムシュミレーションも可能です。
f0302208_18395531.jpg

3マウントで撮っている私にとって、これは嬉しいです。


私の場合、風景を撮りに行く場合は、

X-T10は、サブ機として使うので、このコンパクトサイズがピッタリです。

X-T1との大きな違いは、防塵防滴でないことが大きいことかも知れません。

私的には、価格差の大きさ、大きさを考えての選択となりました。

撮り始めて、解像感の高さ、高感度の強さで、とっても満足しています。

街スナップや小景撮りがとっても楽しいです。
f0302208_16114661.jpg


FUJIFILM X-T10 撮ることが楽しくなるカメラです。
[PR]
Commented by jem at 2016-01-21 22:05 x
FUJIの人に見せてあげたくなるレビューです~( ̄▽ ̄)
Commented by TOS1963 at 2016-01-22 06:36
jemさん、コメントありがとうございます。fujiさん、何かくれないかな。(^_^)
Commented by インジケータランプの点滅について at 2016-11-06 11:32 x
インジケータランプの点滅条件について教えて欲しいのですが。
私のXT10のインジケータランプ(液晶モニター横の小さいランプ)ですが露出が明らかなオーバー、アンダーの時も点滅しません。液晶モニターにはSSor絞り値が赤字にはなり警告と判断できるのですが何故かインジケータランプは緑ランプ点灯のままで警告とはならないです。
TOSさんの個体も同様でしょうか?
Commented by TOS1963 at 2016-11-06 16:04
インジケータランプの点滅について
マニュアルを見ると緑色点灯:被写体にピントが合っています。緑色点滅:手ブレ警告、AF警告、AE警告です(撮影できます)となっていますね。動作としては同じだと思うのですが、ほとんど、ファインダーしか使わないので、モニター横のインジケータランプは意識していません。あまりお役に立てなくてすいません。
Commented by インジケータランプの点滅について at 2016-11-07 19:22 x
お返事ありがとうございます。
富士フィルムにも問い合わせてみたのですが、いまいち分からないとのことでした。
やはり、インジケータランプはおまけ程度と割り切り液晶で判断した方が精神的にもいいですね。
by TOS1963 | 2016-01-16 17:00 | 機材メモ | Comments(5)

撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31