機材メモ

FUJIFILM X30 レビュー 最強スナップ機

年末に購入したFUJIFILM X30

使い始めて一カ月が過ぎました。

レビューをしてみたいと思います。

<外観>

カメラの大きさは、(幅)118.7mm×(高さ)71.6mm×(奥行き)60.3mm

重さは、約423g。

LUMIX GM1、iPhoneよりもかなり大きいです。
f0302208_13254333.jpg


f0302208_1325572.jpg


普段持ち歩くには、少し大きいです。

スナップなり、写真を撮る目的で持ち出すカメラだと思います。

マニュアルで露出補正だったり、コントロールリングを使った操作が、

カメラを使う楽しみを与えてくれます。
f0302208_13274566.jpg


マグネシウムのボディと金属削り出しのダイヤル類は、

カメラ小僧の持つ喜びを満たしてくれます。

そして、236万ドット、高精細有機EL電子ビューファインダー。
f0302208_13304442.jpg


リアルタイムとほぼ変わらない、0.005秒の表示タイムラグが実現されています。

日中の明るい中でも、撮れるのは大きい。


<画像>

画質は、繊細な描写を感じます。
f0302208_1341555.jpg


FUJIFILMが独自に開発し、Xシリーズに搭載されているX-Trans CMOSセンサー。

機構と特長はそのままに、2/3型で設計されたX-Trans CMOS IIセンサーが

搭載されています。

1200万画素ですが、ちょっと昔のカメラより格段に良い画質になっていると感じます。

ついつい等倍で見てしまうと、マイクロフォーサイズより劣ってしまうのを感じてしまいますが。。。

ローパレスなのも解像を高めているのかもしれません。

レンズは、F2.0~F2.8の明るさを持つ、フジノン光学4倍マニュアルズームレンズ。

フレア等にも、それなりに対応出来ている感じがします。
f0302208_16105977.jpg


高感度は、センサーの大きさもあり、ちょっと厳しい感じです。

ISO1600までは、大丈夫だと感じます。
f0302208_13452653.jpg


ISOの上限設定が付いていますので、

Autoで設定していれば、簡単に制御できます。
f0302208_13502379.jpg


水平器など、十分な表示機能がついています。
f0302208_13493126.jpg


RAWファイルでの保存が出来ます。
f0302208_1352337.jpg


後処理での現像も出来ますが、

基本はこのカメラの機能を活かすのはJpegのようです。

FUJIFILMの最大の特徴であるフィルムシミュレーション。
f0302208_13534518.jpg


それぞれ特徴ある色合いが楽しめます。

特にクラシッククロームは、空気感を伝えてくれるように感じさせます。
f0302208_13554516.jpg


マクロ機能も便利です。
f0302208_1357954.jpg


マクロ[広角]で約10cm、スーパーマクロ[広角端]で約1cmまで寄れることが出来ます。
f0302208_1403480.jpg


マクロ機能を使えば、それなりにボケも楽しむことが出来ます。

料理を撮ったりするのにも使えますね。
f0302208_168999.jpg


作品表現の幅を広げるアドバンストフィルターという機能があります。

トイカメラ:レトロな雰囲気のあるトイカメラ風に撮影します。
ミニチュア:ジオラマ風に上下をぼかします。
ポップカラー:コントラストと彩度を強調します。
ハイキー:全体の階調表現を明るくし、コントラストを抑えます。
ローキー:露出を抑えて画面全体を暗めにしながら、ハイライト部分を強調します。
ダイナミックトーン:ダイナミックな階調表現で、幻想的な効果を加えます。
ソフトフォーカス:全体にぼかしを加え、やわらかな雰囲気を与えます。
パートカラー:指定した色域だけを残し、残りをモノクロにします。

私のお気に入りは、ミニチュアとダイナミックトーン

ミニチュアで。
f0302208_15554680.jpg


風景でも楽しめるかも。
f0302208_1611413.jpg


ダイナミックトーンで。
f0302208_15564270.jpg


残念なのはRAW保存が出来ないこと。


<現像>

撮影したファイルは、PCに簡単に通信で転送出来ます。
f0302208_15442426.jpg


f0302208_15454760.jpg


これは便利。

もちろん、Wi-Fiを使って外出先で、

スマホに画像を転送出来ます。

RAWファイルの現像は、SILKYP IX®のFUJIFILM X30専用バージョンで出来ます。

FUJIFILMの特徴を活かすのにはカメラ内現像がイイみたいです。
f0302208_15481756.jpg


カメラ内でいろいろ設定できます。
f0302208_15495715.jpg


一番は、フィルムシミュレーションをいろいろ選べることです。

RAW保存するとフィルムシミュレーションブランケットは使えません。

Jepg前提になっているので、いろいろ制限があるようです。


<機能>

他にも機能はおてんこ盛り。

多重露出撮影。

そして、インターバルタイマー撮影。
f0302208_15583595.jpg


1秒~24時間、1枚~999枚の範囲で設定できます。

テストで自宅ベランダから。


WBオートにしたのは、ちょっと失敗。

約470枚撮影可能な大容量バッテリー。

そこまで撮らないので、十分かと。

私はあまり使いませんが、マニュアルフォーカスの機能も充実してます。

液晶モニターでマニュアルフォーカスをアシストする、フォーカスピーキング機能もあります。

機能盛りだくさんのコンデジです。

遊び心を刺激する最強のコンデジだと思います。

f0302208_0383597.jpg


f0302208_0385639.jpg


f0302208_0392715.jpg

[PR]
Commented by jem_7v at 2015-01-18 09:46 x
X-Transの画が気軽に楽しめるのがイイですね( ̄▽ ̄)
個人的にはレンズキャップも好きですww
カメラ内RAW現像、メンドクサイけどこれが一番良い結果を得られるんですよね(T_T)
現像ソフト、頑張って作ってほしいものですが、ヤル気なさそうなので、困った時はフォトショかLRで現像ですかね~(´・ω・`)
Commented by TOS1963 at 2015-01-18 21:26
jem_7vさん、コメントありがとうございます。
やっぱりカーブトーンいじりたくなりますね。フィルムシュミレーションが後処理できるソフトがあると便利なのですね。
個人的には、白トビ対策でSSがもう少し欲しいところです。ついつい高感度とボケも求めてしまうのは虫が良すぎる話ですね。^_^;
by TOS1963 | 2015-01-17 13:47 | 機材メモ | Comments(2)

撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31