撮影記録


by TOS1963
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

LUMIX GM1 小さいけど凄い奴

ブログのカメラやレンズの記事にアクセスが多いです。

LUMIX GM(DMC-GM1K)についてレビューしてみたいと思います。

私も購入前にいろいろ見ましたが、少しでも参考になればと思います。


購入して3か月、だんだん使うシーンも決まって来ました。

私の場合、風景がほとんどです。

Canon EOS 5D MarkⅢ がメインで、OLYMPUS O-MD E-M1がサブです。

撮影記録用に、コンデジ Sony Cyber-shot を使っていました。

結構入れ替えが激しいですが。。。^_^;

O-MDは微速度撮影をすることも多いので、夜明けの待ちの時など、

サブサブ機を、いじって遊びたくなります。

そこで、かなり価格が下がったのもあって

マイクロフォーサイスのOLYMPUS PEN Mini E-PM2を購入し

使っていました。

でも、高感度に弱い、水平器が無い、等々使ってみると不満が。。。

そこで、5月にGMに変更しました。


「驚きの小ささ」

初めて手にして思ったのは、「ちっちゃ」。(^.^)
f0302208_9552811.jpg

f0302208_10225270.jpg


幅 約98.5mm×高さ 約54.9mm×奥行 約30.4mm

デザイン、カメラ小僧の心をくすぐります。

マグネシウム素材が、本体前面とボディに採用されているということで、

安っぽいプラスチック感はありません。

ホールド感も、何気に合皮素材が良かったりします。

レンズは、「LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6」がセットになっています。
f0302208_9575218.jpg


私はほとんど使いませんが、フラッシュ内蔵。
f0302208_9573814.jpg


ダイヤル部にアルミ削り出し処理がされています。
f0302208_1023634.jpg


撮影モードは、私が使うのは、絞り優先(A)とインテリジェントモード(iA)です。

インテリジェントモードは、RAWで記録できるプラスモードに設定しています。

コンデジのように何も考えずスナップできます。

フォーカスモードレバーで、静止用、追尾と切り替えられます。

Fn1には、wifi機能を割り当てています。

ワンボタンで、スマホに接続。


「慣れれば、操作は簡単」

これだけ小さいと、ボタンやレバーも少なく、機能割り当ても出来ないので、

使い勝手悪いかなと思っていたのですが。。。

慣れてしまえば何でもないですね。

背面には、コントロールダイヤルがあって、これでほとんど問題なく使えます。
f0302208_10262112.jpg


AFは、コントロールボタン2回押しが必要。
f0302208_12563942.jpg

f0302208_1257280.jpg


ま、慣れれば。。。

タッチパネルも使えます。

AFのスピードは全く問題なし。

十分早いと思います。

私にとってありがたいのが水平器。
f0302208_12575647.jpg


RAW現像するとはいえ、傾き補正しなくて便利。


「ちっちゃいけど良く映る」

フルサイズまでとは言いませんが、解像度高く、良く映ります。
f0302208_1311498.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

f0302208_1423583.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

解像度と感度を両立し、センサー性能を向上させた「16M Live MOSセンサー」。

f0302208_1424921.jpg

レンズ:LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6

何気に、この標準セットのズームレンズの映りがイイです。

アルミ素材が採用され、軽量化されています。

本体と合わせても約273.5gの軽さ。


「高感度にも強い」

最高ISO25600での撮影が可能です。

ISOオートの上限を設定できます。
f0302208_1494438.jpg


私は6400にセット。

6400だとノイズは増えますが、私的にはOK。
f0302208_14104310.jpg

レンズ:LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6

夜のスナップに使えます。
f0302208_14114870.jpg

レンズ:LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6

それも標準ズームレンズで。


サイレントモードにすれば、結婚式などでも気軽に使えます。
f0302208_15244691.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

拡張ISO感度125で、明るいレンズにも対応できます。

もっともシャッター速度は、静止画:60~1/16,000 秒なので、

明るいレンズでSSオーバーで白飛なんてことはありません。

これも私にとってはとっても便利。


「手ぶれ補正も強力」

パナのレンズを使う場合は、レンズ手ぶれ補正を使うことになります。
f0302208_15313427.jpg

レンズ:LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6

望遠でも全く問題なし。

標準ズームはもちろん十分。

GMは、ボディ手ぶれ補正ではないので、

オリンパスのレンズは、手ぼれ補正なしになります。

でも、ISOオートにしておけば、ほとんど問題なく撮れます。
f0302208_15382669.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8


「いろんな機能が便利」

専用アプリ「Panasonic Image App」を使って

スマホとGMを、ワイヤレスで接続できます。

GMから写真を転送して、SNSにアップも簡単。

スマホからリモート撮影も出来ます。

ちょっと気持ち悪いですが、自分撮りも簡単。
f0302208_15375893.jpg


インターバル機能も付いています。
f0302208_1527794.jpg


微速度撮影も簡単に出来ます。

画質も十分です。

OM-D E-M1と微速度比較です。



動画は、フルハイビジョン画質で記録できます。

AVCHDで、1920×1080(FHD/60i:約17Mbps)、60i記録(センサー出力 60コマ/秒)。

AFもほとんど問題ないと思います。


「レンズの恩恵」

マイクロフォーサイズなので、いろいろなレンズを使えます。

マクロ的にも簡単撮影。
f0302208_154951.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

f0302208_1549339.jpg

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

レンズOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を付けて
f0302208_15493783.jpg


レンズOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を付けて
f0302208_15504357.jpg


レンズLUMIX G FISHEYE 8mm F3.5を付けて
f0302208_15515047.jpg


レンズLUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6を付けて
f0302208_15534626.jpg


普段は、ほとんど標準ズームレンズで使ってます。

この小ささで、いろいろなレンズを使えるのは機動力が発揮されます。

OM-Dと合わせてレンズ交換なしに使うことも出来ます。

超スーパーサブ機だと思います。
[PR]
by TOS1963 | 2014-08-03 18:00 | 機材メモ | Comments(0)